傾城買

19 の例文 (0.00 秒)
  • 傾城買の恋が春の夜の恋なら、これはきつい暑さの真夏の恋じゃ。 ...
  • ただ浮ついた根も葉もないような傾城買の狂言とは違うて、一歩深く人の心の裡に踏み入った世界が、舞台の上に展開されて来るのを認めない訳には行かなかった。 ...
  • 見物は、傾城買の狂言から、たわいもなく七三郎の舞台へ、き付けられて行った。 ...
  • 傾城買けいせいかいにかけては日本無類の藤十郎様を、今度はかっきりと気を更えて、密夫にしようとする工夫じゃ。 ...
  • また京の三座見物達も藤十郎の傾城買の狂言と言えば、何時もながら惜し気もない喝采かっさいを送っていた。 ...
  • そして、藤十郎の傾城買けいせいかいと云えば、竜骨車りゅうこしゃにたよる里の童にさえも、聞えている。 ...
  • 傾城買けいせいかい経緯いきさつなれば、どんなに微妙にでも、演じ得ると云う自信を持った藤十郎も、人妻とののろわれた悪魔的な、道ならぬしかし懸命な必死の恋を、舞台の上にどう演活しいかしてよいかは、ほとほと思案の及ばぬところであった。 ...
  • 傾城買の所作は、日本無類の御身様じゃが、道ならぬ恋のいきかたは、また格別の御趣向がござりましょうな。 ...
  • 山東京伝の『傾城買四十八手』などがある。 ...
  • 雲助が傾城買の昔を語る 雲助は住所不定の浮浪者で、江戸中期以後、駕籠かごかきその他で道中の人に取入ろうとすることが多かった。 ...
  • 今までの傾城買とは、裏と表のように、打ち変った狂言として、門左衛門が藤十郎に書与えた狂言は、浮ついた陽気なたわいもない傾城買の濡事とは違うて、命をしての色事であった。 ...
  • その後、約7年著作がなく、1798年『傾城買二筋道』から執筆活動を再開、末期の洒落本界を牽引した。 ...
  • 傾城買の四十八手は、何一つ心得ぬことのない藤十郎様が、密夫の所作を、どなに仕活しいかすか、さぞ見物衆をあっといわせることだろうと、夢中になっての高話じゃ。 ...
  • これまでの歌舞伎狂言と云えば、傾城買のたわいもない戯れか、でなければ物真似ものまねの道化に尽きていた為に、こうした密夫みそかおの狂言などに、たのまれるような前代の名優の仕残した型などは、微塵みじんも残っていなかった。 ...
  • やつし事、濡れ事、口説事などの役によって地位を固め、当時の評判記には「難波津のさくや此花の都とにて傾城買の名人」「舞台にによつと出給ふより、やあ太夫さまお出じゃったと、見物のぐんじゅどよめく有さま、一世や二世ではござるまい」とその人気振りが書かれている。 ...
  • とにかく、文化三年、司馬芝叟しばしそうが「新吉原瀬川復讐せがわのあだうち」という浄瑠璃をかき、続いて「傾城買虎之巻けいせいかいとらのまき」となっていよいよ面白くされ、吉原遊女の仇討として人の好奇心をそそったのである。 ...
  • 昔から、衆道のいきさつ、傾城買、濡事ぬれごと、道化と歌舞伎狂言の趣向は、たいていきまっていたものを、底から覆すような門左衛門様の趣向じゃ。 ...