傾城町

全て 名詞
65 の例文 (0.00 秒)
  • 磯の香が強くただよう港近くの傾城けいせい町を、旅姿の老武士が歩いていた。 ...
  • やはり、傾城けいせい町や湯屋のことが時益の耳に入っていたのだと義貞は思った。 ...
  • 丁度この日、非番であった彼等は寄り集まって傾城町に出かけて来た。 ...
  • いつのまにかそこへ来ていたのか、傾城町の昼顔太夫がそこに立っていた。 ...
  • 「引き立てい」 義貞は数珠繋じゆずつなぎにした七人を連れて傾城町を後にした。 ...
  • 吉原は元和げんな三年に在来の傾城けいせい町を一ケ所に集めたのが始まりである。 ...
  • 秋から冬にかけて、その一廓は傾城町というより戦場のようなにぎわいを呈した。 ...
  • それにあの傾城町こそこの堺の花、従って傾城こそは花の中の花。
  • 彼は二丁町が傾城けいせい町だということを知っていたから、出かける前に急に腹が痛くなった。 ...
  • そこは、伏見の傾城町の東がわで、堀川に沿った道の角地であった。 ...
  • ここは、大名衆も、おもてを包んで、遊冶郎ゆうやろうと化す傾城けいせい町にございます。 ...
  • 伏見の町の西の外れに近い傾城町のそばの橋下へ、奥村弥五兵衛があらわれた。
  • 秋の白日の中に、ぼうとした眼を傾城けいせい町の方へ投げ、しかし鵯はすぐにわれに返った。 ...
  • 市女笠いちめがさに顔をかくし、御台と鵯は数日後傾城町を訪ねていった。 ...
  • 五条東洞院に傾城けいせい町があり、十数軒の遊女宿あそびめやどが軒を連ねていた。 ...
  • 門兵衛は、髪ゆいの小屋を出ると、傾城町の北がわへ出て、伏見の町から走り去った。 ...
  • その若かりしころのおちゃちゃさまが、いま駿府の傾城町にいる。
  • 次へ