傾城水滸伝

全て 名詞
8 の例文 (0.00 秒)
  • また、パロディである『傾城水滸伝』も書いている。 ...
  • 当時のベストセラー『傾城水滸伝』でも、師国貞や兄弟子国安に互して天保6年刊の十三編の挿絵を担当し、この頃には一流絵師の仲間入りしていたと言える。 ...
  • 馬琴は『高尾船字文』『傾城水滸伝』など翻案作品を執筆しただけでなく、原典の翻訳『新編水滸画伝』の刊行に関わったほか、金聖歎による七十回本を批判して百二十回本を正統とする批評を行うなど、『水滸伝』の精読者であった。 ...
  • thumb|曲亭馬琴の墓 馬琴は、お路を筆記者として、『傾城水滸伝』や『近世説美少年録』の執筆を続けたが、これらの完結を見ないまま、嘉永元年82歳で死去する。 ...
  • が、京伝は文化十三年馬琴に先んじて死し、馬琴はそれ以後『八犬伝』の巻を重ねていよいよ文名を高くし、京伝に及ばずと自ら認めた臭草紙でも『傾城けいせい水滸伝』や『金毘羅船こんぴらぶね』のような名篇を続出して、盛名もはや京伝の論ではなくなっている。 ...
  • thumb|第二編、歌川國安画、文政9年『傾城水滸伝』は、曲亭馬琴作の合巻本。
  • 「いろは酔故伝」には鎌倉殿の権臣・高〓入道、その子武太郎、孫勝法師、宋次郎、深太郎などの名が、また「傾城水滸伝」には、青嵐せいらん青柳あおやぎ、向う見ずの索城なわしろいかずち榛名はるな二鞭ふたむち芍薬しやくやくなどの女傑の名が見える。 ...