傾城屋

89 の例文 (0.00 秒)
  • うしろに傾城屋の亭主たちも不安そうについて来ているのが見えた。 ...
  • 傾城屋の楼主もしんでおりましたんだんが、そりゃあ厭な男でしたんし。 ...
  • 傾城屋ははじめてでも、女ははじめてではなさそうだった。 ...
  • その彼が、いま駿府の傾城屋に上りこんだのは、しかしその野性のせいではない。 ...
  • どきりとしたが、私が自分の持つ傾城屋にいる遊女とはわからないだろうと思い直した。 ...
  • 遊女仲間が皆、銭湯に出ていった後、私は一人、傾城屋の前の坂道を下っていった。 ...
  • いつごろからそんなことになったのか、彼は傾城屋を通しておのれの絵をひさぐ習いになった。 ...
  • むろん大石に傾城屋で遊んでもらったお礼などではない。 ...
  • それは彼の調べた七十八軒の家のうち、その三十一軒がある傾城けいせい屋から遊女を呼び入れており、六十五軒が古着買いを呼びこんでいることであった。 ...
  • 室町時代には、足利将軍家が京都の傾城屋から税金を徴収していた。 ...
  • 私が働いていた傾城屋も、遠目には昔と変わらないように見えたが、近づいてみたら、やはり寂れていた。 ...
  • しかし、いまは大盗に養われ、傾城屋に住む娘のはずであった。 ...
  • 不審は傾城屋にあるといったではないか。 ...
  • 急使として女房が傾城屋に乗り込んで来たために、自分が見せた大狼狽の醜態を思い出したのだ。 ...
  • いかになんでも安房九万二千石の奥方がひとり出奔して、場所もあろうに江戸葭原の傾城屋にいるなどということはあり得べきことではない。 ...
  • 例によって、その牢人が一軒の傾城屋に上り込んで、以前から執心であった一人の遊女を名ざした。 ...
  • その数もと二十八座とあるが、後には段々と増して四十余となり、湯屋・風呂屋・傾城屋等も、みなその中に加えられることになっているのである。 ...
  • 次へ