傾城小銀

3 の例文 (0.00 秒)
  • こうして大島の駅路うまやじへ二人の者が着いたのはその日の夕暮れのことであったが、そこで二人は一泊し、相談の末人丸左陣は、加賀白山へは帰らずに、傾城小銀が山寨を持つ妙高山へ行くことにした。 ...
  • さらに賊ながらも武士らしい武士、例の三左陣の三人は、右京次郎の周旋のもとに、傾城小銀や部下達と一緒に、御嶽冠者の幕下となった。 ...
  • 人丸左陣と傾城小銀とは、地丸左陣に翻弄ほんろうされ、這々ほうほうていで逃げ帰るや、小銀の山寨妙高山へともかくも一時落ち着いたが、すぐに白山へ使いを出し、兄弟分の天丸左陣へ事の次第を注進した。 ...