傾城

全て 名詞
373 の例文 (0.01 秒)
  • 彼が万一女だったら、傾城けいせいの美女として歴史にその名をとどろかせただろう。 ...
  • うしろに傾城屋の亭主たちも不安そうについて来ているのが見えた。 ...
  • いや客衆きゃくしゅの勤めには傾城けいせいをして引過ひけすぎの情夫まぶを許してやらねばならぬ。 ...
  • 傾城けいせいと遊び客の睦物語むつものがたりで、見ているうちにおれは妙な気分になってしまった。 ...
  • 傾城屋の楼主もしんでおりましたんだんが、そりゃあ厭な男でしたんし。 ...
  • 傾城となっても、この言葉づかいであり、この態度を彼女は失わない。
  • さすがに古都の傾城たちらしく、心ものびるように優雅な行楽であった。 ...
  • 傾城屋ははじめてでも、女ははじめてではなさそうだった。 ...
  • 傾城とは遊女の別称であり、身分の高い出自ではなかったようである。 ...
  • 即ち、すべての傾城が、助六に対して間接的に接吻を望むのである。 ...
  • 遊びとしても傾城けいせい買いよりずっと不正直な遊びであろう。 ...
  • その彼が、いま駿府の傾城屋に上りこんだのは、しかしその野性のせいではない。 ...
  • その無明むみようの傾城が、ふと或る日、或る女を呼んで来るように頼んだ。 ...
  • でも傾城に、恋の情念から獣がく、というのが、もともとの歌詞ですから。
  • 「お前は傾城けいせいじゃの」 と、父は景の幼い頃から言い続けてきた。 ...
  • それにあの傾城町こそこの堺の花、従って傾城こそは花の中の花。
  • 人は武士ぶし、なぜ傾城にいやがられるかというと、一つには末の目当てがないからであった。 ...
  • 次へ