傾向を助長

23 の用例 (0.00 秒)
  • トルーマンが国際連合に頼っていたことは、保守派が国際連合を信用しない傾向を助長した。
  • この傾向を助長しないためにも、必要なのはまさしく丈夫な「哲学」である。 養老孟司『ヒトの見方』より引用
  • 此は帰化外人・先住漢人などの信仰伝承が、さうした傾向を助長させたらしい。 折口信夫『若水の話』より引用
  • 国家とその役人とは、今や全力を尽くしてその動きはじめた傾向を助長すべきです。 末弘厳太郎『役人の頭』より引用
  • 同時期に帝国をおそった飢饉もこの傾向を助長した。
  • 彼の英国贔屓もこの傾向を助長させた。
  • これは人間の頭脳が、そういう傾向を助長するように、絶えず刺戟しげきされているからです。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • さういふ傾向を助長する一切の素因を、私は、家庭からも社会からも、殊に学校から駆逐しなければならないと思ふ。 岸田国士『日本人とは?』より引用
  • 自己の作品を公衆に展示する事によって何か内に鬱積うっせきするものを世に訴え、外に発散せしめる機会を得るという事も美術家には精神の助けとなるものだと思うのであるが、そういう事から自己を内に閉じこめてしまったのも精神の内攻的傾向を助長したかも知れない。 高村光太郎『智恵子の半生』より引用
  • むしろ日常身辺の自分に最も親しい物質の世界の事柄を深く注目し静かに観察してその事柄の真相をつき止めようという人間本然の傾向を助長し発育させるのが第一の近道であろう。 寺田寅彦『家庭の人へ』より引用
  • しかも、そういう男は必ずやナマケモノであるから、ますます以てこの傾向を助長するばかりだ。 安岡章太郎『良友・悪友』より引用
  • ところが問題は、ダウン傾向となった神曲はさらに奏者本人に物理的にフィードバックし、奏者の精神的ダウン傾向を助長するというのである。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒02 サイレント・ブラック』より引用
  • 自己の作品を公衆に展示する事によつて何か内に鬱積うつせきするものを世に訴へ、外に発散せしめる機会を得るといふ事も美術家には精神の助けとなるものだと思ふのであるが、さういふ事から自己を内に閉ぢこめてしまつたのも精神の内攻的傾向を助長したかも知れない。 高村光太郎『智恵子抄』より引用
  • 彼の「社会主義は小国の分離主義の傾向を助長すべきでない」という信念は、ほかのポーランド出身の革命家にも共通している一種のコスモポリタニズムであり、かつてのポーランド・リトアニア共和国の多民族国家理念と符合するフェデラリズムであった。
  • なぜなら、第一に、この現象はまさに本書のテーマである、「社会的大人になかなかなれない若者」を増やす結果になっているし、親や配偶者の収入にパラサイトする若者の傾向を助長しているからである。 小浜逸郎『正しい大人化計画 ―若者が「難民」化する時代に』より引用
  • このペシミスムは、現実を直視する作家のおちいりがちな傾向であり、また当時の時代精神の影響でもあり、さらにまた師フローベールの手本もこの傾向を助長したにちがいない。 モーパッサン/新庄嘉章訳『女の一生』より引用
  • 親の無反省、良心の鈍磨は、次代の子供達が或程度まで成長すると、必ず失望と同時の批判的傾向を助長させる。 宮本百合子『日記』より引用
  • けれどもそれが道心を沈滞せしめて向下堕落の傾向を助長する結果を生ずるならばそれは作家か読者かどっちかが悪いので、不善挑撥もまたけっしてこの種の文学の主意でない事は論理的に証明できるのである。 夏目漱石『文芸と道徳』より引用
  • 学生実験において本筋の考察だけではだめだとする考え方も一つの見識ではあるが、現実の論文において重視される「問と解の合致」の重要性が十分教育されない結果につながる可能性があり、本来考察すべきことを十分に論じず、瑣末なことをばかり論じる傾向を助長する危険もある。
  • ジャーティにおける慣行と序列はインド社会を停滞化・膠着化させた元凶といわれ、封鎖的で独善的な諸傾向を助長し、愛郷心や愛国心の発達を疎外したと指摘されることが多い。
  • 次へ »