傾き始めた太陽

6 の用例 (0.00 秒)
  • マンションから出ると、そろそろ傾き始めた太陽が街を照らしていた。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • 傾き始めた太陽が、ビルの窓に反射して長い髪を照らす。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • 厚く、低く垂れ込める雲を、傾き始めた太陽が薄い黄色に染めている。 九里史生『SAO Web 03』より引用
  • 川原には一台のトラック、そして一台の小さくてボロボロの車が止まっていました、傾き始めた太陽に照らされて、長い影を作っています。 時雨沢恵一『キノの旅 第09巻』より引用
  • 六時間目の授業が終わっても空には綿雲がいくつか浮かんでいるだけで、ハルユキは傾き始めた太陽を背に受けながら、早足でひとり高円寺こうえんじ駅へと急いだ。 川原礫『アクセル・ワールド 05 -星影の浮き橋-』より引用
  • いずれにせよ少年と少女は今この時、まず軽く唇を重ね合わせ、すぐに離し、また触れ合い、そして今度は、そろそろ傾き始めた太陽の輝きを若い肉体に受けながら、いつまでもいつまでも、溶けるほどに口づけを交わしたのであった。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』より引用