傾き始め

147 の用例 (0.00 秒)
  • 女が現われたのは、太陽がはっきりと西に傾き始めた頃だったろう。 阿刀田高『異形の地図』より引用
  • 日が傾き始めたころ、俺は車の中で、握りつぶされた彼女の写真を拾う。 乙一『ZOO』より引用
  • 客足もなかなか途切れず、仕事が一段落した時には日が傾き始めていた。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』より引用
  • マンションから出ると、そろそろ傾き始めた太陽が街を照らしていた。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • 冬の空で早くも日がかたむき始めるころ、ナギは公園の広場へやってきた。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 1』より引用
  • 自動車は、そのまま右へ傾き始めたが、その時、意外なことが起った。 海野十三『火星兵団』より引用
  • すでに陽が傾き始めた三月一日七ツ、高木邸に四挺の駕籠が着けられた。 山本一力『損料屋喜八郎始末控え』より引用
  • 陽が傾き始めた頃、南からの風が強くなったが、航海には影響ない。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 3 西戦の巻(下)』より引用
  • 冬の陽はもう傾き始め、左に広がる海は銅のようににぶく輝いている。 大槻ケンヂ『新興宗教オモイデ教』より引用
  • ザルツに現状を説明して大テントを出た頃には、太陽はもう傾き始めていた。 吉野匠『レイン4 世界を君に』より引用
  • 日が傾き始めていることに気付いて、私はふと顔を上げました。 原田宗典『旅の短篇集 秋冬』より引用
  • 太陽はやや西へ傾き始めていたが、まぶしさはいっこうに衰えなかった。 二階堂黎人『奇跡島の不思議』より引用
  • 最後の音が止むのとほぼ同時に、その木は最初に大きく齧られた方へと傾き始めた。 時雨沢恵一『キノの旅 第07巻』より引用
  • しかし何事も無く、静かに又静かに太陽は運行し、昼をも過ぎて、西に西にと傾き始めた。 ニューコム・シモン『暗黒星』より引用
  • しかしカイトは何もしないでいるとすぐ左右にかたむき始める。 野尻抱介『ロケットガール 04』より引用
  • 空には驚くほどたくさんの星が瞬き、傾き始めた月がボートの中に深い影を刻んでいた。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 綱が少しずれ、水平に宙吊りになっていた大砲が傾き始めたのである。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • 少しずつ太陽が西にかたむはじめた空を見ながら、美夏が言った。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第03巻』より引用
  • 水平に戻った発令所の床が、今度は艦首側にゆっくり傾き始める。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用
  • ようやく河岸の道についたときは陽が傾き始めていた。 日野啓三『あの夕陽』より引用
  • 次へ »

傾き始め の使われ方