傾きやすい

25 の用例 (0.00 秒)
  • 最悪の敵はもちろん暗いほうへ悪いほうへと傾きやすい自分自身の心だ。 石田衣良『電子の星 池袋ウエストゲートパーク4』より引用
  • そして健吉さんも指摘しているように、半分は好奇心へも傾きやすい。 吉川英治『随筆 私本太平記』より引用
  • まったくあなたの心はそういういろいろな考えに傾きやすい。 ゲーテ/高橋義孝訳『若きウェルテルの悩み』より引用
  • 人間の心情が憎悪に傾きやすいのは、それが満たされていないからである。 ラッセル/日高一輝訳『幸福の獲得について』より引用
  • 当該機は飛行中に右に傾きやすい癖があった。
  • 隙間を閉じて握ると強い回転はかけやすいが制球が不安定になりやすく、回転軸も左右に傾きやすい。
  • リスクが大きいだけに中立派も反対派に傾きやすい。 森村誠一『凶通項』より引用
  • 歴史的に警察権は過度の行使に傾きやすく、人権保障の観点から意識されるようになった。
  • 人間というものは、どっちかに傾きやすいわけです。 湯川秀樹『この地球に生れあわせて』より引用
  • プラトンはメランコリックな人々が最も教えやすくすぐれていると言ったが、またこれくらい狂気に傾きやすい人々もないのである。 モンテーニュ/関根秀雄訳『モンテーニュ随想録抄』より引用
  • 女の感情生活は社会のひろい風に吹かれていないから、母性も粗野で愛情はともすれば動物的に傾きやすい。 宮本百合子『女の手帖』より引用
  • 高温下では生殖生長に傾きやすくなるため、冷涼な地域もしくは冷涼な季節に栽培されることが多い。
  • 無味乾燥で平板に傾きやすい自然主義の文学の限界がしだいに感じられるようになると、もう一度詩情ポエジーを獲得しようという試みがさまざまの形で行なわれてきたが、ヘッセはそのなかの新ロマン主義という流派の作家に数えられたことがある。 ヘッセ/岩淵達治訳『車輪の下』より引用
  • この魔法を使わなかったら、この航路を、しかもこんな悪天侯に、傾きやすい小舟を進めていくのは、並大抵のことではなかったろう。 グィン『ゲド戦記1 影との戦い』より引用
  • その理由はきわめて明白で、現代文明がつくりあげた人間の心情は、友情よりも憎悪の方に傾きやすいからである。 ラッセル/日高一輝訳『幸福の獲得について』より引用
  • スポーツ好きな気質と無頼漢階級の気質の間には、この点で関連が存在しており、したがって両者とも、擬人観的な崇拝に傾きやすい気質と関連をもっている、ということになる。 ヴェブレン/高哲夫訳『有閑階級の理論 ―制度の進化に関する経済学的研究』より引用
  • ことに江戸に文武を指南する塾を開くというある意味では俗な望みを持ち、そのために事なかれ主義に傾きやすい自分の欠点も熟知している。 藤沢周平『回天の門』より引用
  • こう申しては失礼かもしれませんが、少々理屈りくつにはしりすぎ、空想にかたむきやすいところはありますけれど、それでも探偵としての素質は立派にもっています。 ドイル『赤髪組合』より引用
  • 特別な賢婦人ならイザ知らず、若い女の心は道理よりも感情に傾きやすいから感情を以て良人おっとを択んだら十人が九人まで大間違を起します。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 生死をかけた長時間の死闘では、体力・気力ともに消耗して、判断が悲観的に傾きやすい。 中村希明『怪談の科学―幽霊はなぜ現れる』より引用
  • 次へ »