傾きはじめ

112 の用例 (0.00 秒)
  • 日が傾きはじめた公園では若いカップルがあちこちで肩を寄せ合っている。 山本文緒『紙婚式』より引用
  • 秋の太陽はもうかたむきはじめているかもしれないが、絶対に暮れてはいない。 山本弘/友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 幻の巻』より引用
  • 洞窟の外は、すでに陽がかたむきはじめ、西の空は赤くまりはじめていた。 水野良『ロードス島戦記 4 火竜山の魔竜(下)』より引用
  • かれらが宮殿の門から出たときには、すでに日が傾きはじめていた。 エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』より引用
  • そしてもう一歩想像を進めるならば、月が少し西へ傾きはじめた頃と思います。 梶井基次郎『Kの昇天』より引用
  • 気がつくと、日がかたむきはじめ、王城にもどらねばならない時刻になっていた。 水野良『ロードス島戦記 6 ロードスの聖騎士(上)』より引用
  • 傾きはじめたのつくる影が地面に複雑な模様をつくりだしていた。 桜坂洋『All You Need Is Kill』より引用
  • そしてもう一歩想像を進めるならば、月が少し西へ傾きはじめたころと思います。 梶井基次郎『檸檬・城のある町にて』より引用
  • 彼の言葉を裏付うらづけるように、船が先刻せんこくとは違ってゆっくりとかたむきはじめていた。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • 大和はそれから五分以内に急速に傾きはじめ、傾斜はほとんど九〇度に達した。 吉田満・原勝洋『ドキュメント戦艦大和』より引用
  • 中学三年のとき、夢二の造り酒屋と同様に横山呉服店も傾きはじめた。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(3)』より引用
  • やがて太陽が傾きはじめ、睨みあうだけの両軍を尻目に一日が暮れた。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第04巻』より引用
  • 傾きはじめた太陽の光がいっぱいに降り注ぎ、まるで海のようだ。 九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』より引用
  • 太陽は西に傾きはじめ、目の前の絶壁の岩肌は薔薇色ばらいろを増していた。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • 外鈑は巨獣が爪をとぐような音をたててきしみ、床は大きく傾きはじめた。 光瀬龍『墓碑銘二〇〇七年』より引用
  • 天高く輝いていた太陽が傾きはじめていた。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第05巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』より引用
  • 西に傾きはじめた赤い陽を正面から浴びて、猿飛は女と並んだ。 半村良『産霊山秘録 上の巻』より引用
  • 日が傾きはじめたころ、まわりに人の気配がするのに驚き、光秀は薄目をあけた。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • ガルーと出会った時から、すでに二時間半ほどが過ぎ、陽もかなり傾きはじめている。 川又千秋『火星人先史』より引用
  • 真鍮をみがいたような空にかかった太陽も、酉に傾きはじめている。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『07 放射能キャラバン追跡』より引用
  • 次へ »

傾きはじめ の使われ方