傾きだし

33 の用例 (0.00 秒)
  • たちまち銃火が連続してひらめき、小爆発が起きて天井は大きく傾きだした。 松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体 下』より引用
  • 四人は、太陽が傾きだしてからずっとあとまで、着々とのぼりつづけた。 アリグザンダー『(ブリデイン物語1)タランと角の王』より引用
  • 修もとうとうこの頃では、真穂を首藤の家に迎えるほうへと傾きだした。 明野照葉『輪(RINKAI)廻』より引用
  • 振動はいっそう激しくなり、床は機首方向を上にして傾きだした。 松岡圭祐『千里眼 The Start』より引用
  • 徐々じょじょに、大理石の床石がいっせいに広間の中央にむかって傾きだした。 バローズ『火星シリーズ04 火星の幻兵団』より引用
  • 夏のはようやくかたむきだして、青空が青さをしてきた。 香月日輪『大江戸妖怪かわら版④ 天空の竜宮城』より引用
  • あの頃から私の運は急速に傾きだした。 渡辺淳一『光と影』より引用
  • 二人の頭上で鉄骨がきしみ始め、強度を失った塔が急速にかたむきだす。 清野静『時載りリンネ!1 はじまりの本』より引用
  • ここは谷間だから、日がかたむきだすと暗くなるのが早い。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 外伝 猫殺し編』より引用
  • すでに、戦局が大きく傾きだしたのは、民間にあった中神でも推察することができた。 泡坂妻夫『亜愛一郎の狼狽 (亜愛一郎シリーズ1)』より引用
  • 日が傾きだしたのであろう。 芥川龍之介『羅生門・鼻・芋粥』より引用
  • 絵を仕上げたころには、陽は傾きだしていた。 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • 流れた湯で花壇の花が全滅し、おまけに地面がゆるんだのか、柱が傾きだしたというのである。 かんべむさし『建売住宅温泉峡』より引用
  • そろそろ日が傾きだしていた。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • やがて太陽が塀の向こうに低く傾きだしたとき、城のなかからものすごい怒鳴り声が聞こえてきて、はっとわれに返った。 シモンズ『尼僧院から来た花嫁』より引用
  • 内部4階にはかつては「海の見える展望レストラン」も存在したが、経営が傾きだしてからは休業したままであった。
  • 国が傾きだしてからは犯罪件数が少しずつ増えており、国民の多くはこれを以って国の治安が悪くなったと不満の声を上げているが、それでもなお他国や劉王即位前と比べると犯罪件数は少ない。
  • 日が傾きだし、建物や人の影が、少し斜めになる。 川上稔『AHEADシリーズ 01 終わりのクロニクル①〈上〉』より引用
  • 白い屋敷が、傾きだした陽光に照らされ輝くように建っていた。 井上真『鋼の錬金術師3 白い花の舞う谷』より引用
  • 泰三は海野に言われるままに郁子の体をむさぼったが、そのうちに少しずつ郁子のほうへ気持ちが傾きだした。 阿刀田高『仮面の女』より引用
  • 次へ »