傾きがある

140 の用例 (0.00 秒)
  • そんな人ばかりでもありませんけれど多くはまあそういう傾きがある。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • いずれにしても、おなじ銭を払いながら小さく見物している傾きがある。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • そんな人ばかりでもありませんけれど、多くはマアそういう傾きがある。 河口慧海『チベット旅行記(上)』より引用
  • なぜって、誰だってそういう物の考え方をする傾きがあるんですもの。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(下)』より引用
  • また製造部にいる者は店の営業に興味を持たなくなる傾きがある。 相馬愛蔵『私の小売商道』より引用
  • 自己の表現と発情とに覚えず自己を捲き込んでいたような傾きがある。 倉田百三『愛と認識との出発』より引用
  • しかも子供が大人に対して秘密を持つことは許さぬ傾きがある。 夢野久作『東京人の堕落時代』より引用
  • 由来演劇雑誌の多くは舞台への交渉が殆ど惰性的に同一軌道を進んで来た傾きがある。 岸田国士『「悲劇喜劇」発刊について』より引用
  • 娘は日に日に青年をただ一人の男として恋ひつのる傾きがありました。 坂口安吾『淫者山へ乗りこむ』より引用
  • 機械は世界のものを共通にしてしまう傾きがあります。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 当綱はこのごろ、重定のことになると必要以上に気を回しすぎる傾きがある。 藤沢周平『漆(うるし)の実のみのる国(上)』より引用
  • むしろ獄中の生活は僕の思想をますます激しくする傾きがある。 大杉栄『獄中消息』より引用
  • ただ彼に仕事をやめさせる傾きがあるだけである。 ディケンズ/本多顕彰訳『二都物語(上)』より引用
  • 関東地方で罪を犯した者は、専ら北へ逃亡する傾きがあるときいたことがある。 吉村昭『一家の主』より引用
  • それで畑の上から飛んで来て森の上へかかると、飛行機は自然と下のほうへ押しおろされる傾きがあります。 寺田寅彦『茶わんの湯』より引用
  • 駅がカーブしていて、線路に傾きがあり、電車とホームの隙間がかなり広い箇所がある。
  • しかし学校教育だけで社会教育のないものは、いくら年をとってもその傾きがあるだろうと答えた。 夏目漱石『門』より引用
  • この二つの原因があって、人間というものの特殊の性というものは失われて、平等なものになる傾きがある。 夏目漱石『模倣と独立』より引用
  • しかしその人物に直接文句は言えないので、身近な新庄教授に当った傾きがある。 高井有一『立原正秋』より引用
  • かえって悪の実際的危険を助長する傾きがあります。 コンラッド/井内雄四郎訳『密偵』より引用
  • 次へ »

傾きがある の使われ方