傾きかけている

62 の用例 (0.00 秒)
  • 欧州にいる間も心は揺れ続けたが、気持ちは次第にセガに傾きかけていた。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • だが超高層の一部には地盤の傾斜のため、傾きかけているものもあった。 小松左京『日本沈没 a上巻』より引用
  • 傾きかけている陽を背に健次の影が炎の川に向かって伸びていく。 伊島りすと『ジュリエット』より引用
  • だが、今の会社は傾きかけているといっても、この前の会社ほどひどくはない。 半村良『英雄伝説』より引用
  • マンションの玄関を出ると、午後の陽はもはや夕陽の色をして傾きかけている。 山口洋子『演歌の虫』より引用
  • 船体が、速度を早めて滑り下りながらも、わずかに左へ傾きかけている。 吉村昭『戦艦武蔵』より引用
  • 徒労の足取りも重く市役所を出ると、ようやく夏の日も傾きかけていた。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • ショッピングセンターを出たときには、すでに陽は傾きかけていた。 大野木寛『ラーゼフォン第01巻』より引用
  • いまでは太陽も傾きかけていて、熱の衝撃も、いくらかうすれていた。 スタインベック/大久保康雄訳『怒りの葡萄』より引用
  • あたりが暗いのは、日が傾きかけているからばかりではない。 山本弘/友野詳/高井信『妖魔夜行 深紅の闇』より引用
  • 平壌は午後の時刻になるらしく、陽は傾きかけていたが、快晴である。 深田祐介『暗闇商人(上)』より引用
  • 秋の陽が少し黄色味を帯びて傾きかけている。 柴門ふみ『恋愛物語』より引用
  • 馬の足で一時間余り進んだ頃には、既に日が傾きかけていた。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • 仁一郎は政治活動に金銭を注ぎ、安吾の生まれた頃は家は傾きかけていた。
  • そして、支吾もまた、心情的には晏妃の方に傾きかけていたのだった。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • 日はだいぶ傾きかけていて、東の空はとっくに群青色ぐんじょういろになっている。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅱ (電撃文庫)』より引用
  • 六本木センタービルに着いたときには、日が傾きかけていた。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • ぐるりと囲まれた地平線の上に広がる雲一つ無い青い空、太陽がかたむきかけていた。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録04 夢をまどわす頑固者』より引用
  • 春の陽が西の方に傾きかけていた。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • 空をおおう薄い灰色のヴェールのむこう側で、日が傾きかけていた。 小松左京『空飛ぶ窓』より引用
  • 次へ »