傾きかけた陽

10 の用例 (0.00 秒)
  • 傾きかけた陽に大小の木杭ぼつくいや、煉瓦れんがの焼け残りの壁が長い影をいていた。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • 傾きかけた陽の光が、淑夜の顔をまっすぐに照らしだしていた。 井上祐美子『五王戦国志3 埋伏篇』より引用
  • 前にも後ろにも、傾きかけた陽の光の下に、ほこりっぽい道が伸びているだけである。 宮部みゆき『かまいたち』より引用
  • 男具那は西に傾きかけた陽を浴びながら砂浜に横たわった。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 2 西戦の巻(上)』より引用
  • 高いところにある小さな窓から、傾きかけたの光が斜めにさし込み、光の帯の中に埃が舞っていた。 勝目梓『炸裂』より引用
  • 傾きかけたが窓から穏やかに差し込むその場所に、一年生の富家幸太とみいえこうたは一人にんまりと立っていた。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第01巻 幸福の桜色トルネード』より引用
  • 西に傾きかけた陽が、庭を照らしている。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 銃身が傾きかけた陽の光を受けて鈍く光り、その光りかたに一種、本物の量感があった。 深田祐介『暗闇商人(下)』より引用
  • 傾きかけた陽のなかの、微かな花のゆらぎ。 永畑道子『恋の華・白蓮事件』より引用
  • 涼しい空気があたりをつつみ、せまい入り口から、傾きかけた陽の光が、しやの布のような筋をひいている。 五代ゆう『晴明鬼伝』より引用