傾きかけた日

12 の用例 (0.00 秒)
  • 傾きかけた日が、雨戸の立て隙を通して、斜に光りを射込んだのである。 久米正雄『父の死』より引用
  • 花にうづまつた軒先からは、傾きかけた日の光の中に、時々白いものが飜つて来る。 芥川竜之介『好色』より引用
  • 花にうずまった軒先からは、傾きかけた日の光の中に、時々白いものが翻って来る。 芥川龍之介『藪の中・将軍』より引用
  • 花にうずまった軒先からは、傾きかけた日の光の中に、時時白いものがひるがえって来る。 芥川龍之介『羅生門・鼻』より引用
  • すでにかたむきかけた日が、まどガラスにゴブランりのカーテンがかかったその、古めかしいしろの窓という窓に、暗い影を落としていた。 桜庭一樹『GOSICKs 第1巻』より引用
  • 傾きかけた日が障子を照らして、室内はいやに明るかった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 枝にとどまっている葉も、夢のように宙を舞う葉も、地をおおいつくした落ち葉も、傾きかけた日に照らされて怪しいばかりに輝いている。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • 傾きかけた日の光が背中や首筋にあたって、ほんのり暖かい。 パトリシア・コーンウェル『証拠死体』より引用
  • ただ、野葡萄のぶどうか何かのつるが、灌木かんぼくの一むらにからみついている中を、一疋ぴききつねが、暖かな毛の色を、傾きかけた日にさらしながら、のそりのそり歩いて行く。 芥川龍之介『羅生門・鼻・芋粥』より引用
  • ここには、傾きかけた日のあたらない家々が並び、しっくいヽヽヽヽはしみだらけで、ぼろぼろになっているし、破風は前に傾き、ドアや窓は、あちこちが割れて、つぎがあたっている。 ヘッセ/岩淵達治訳『車輪の下』より引用
  • 唯、野葡萄のぶどうか何かのつるが、灌木かんぼくの一むらにからみついている中を、一疋ぴききつねが、暖かな毛の色を、傾きかけた日にさらしながら、のそりのそり歩いて行く。 芥川龍之介『羅生門・鼻』より引用
  • 唯、野葡萄のぶだうか何かのつるが、灌木の一むらにからみついてゐる中を、一疋の狐が、暖かな毛の色を、傾きかけた日にさらしながら、のそりのそり歩いて行く。 芥川竜之介『芋粥』より引用