傾きかけた太陽

15 の用例 (0.00 秒)
  • 窓からはかたむきかけた太陽の光がまともに差し込み、二つのとびらを照らしていた。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • 全面がガラスで覆われたビルに天頂から傾きかけた太陽が反射する。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 傾きかけた太陽の光を受けて、池野川が銀鼠色ぎんねずいろに輝いていた。 板東眞砂子『狗神』より引用
  • 雨はすでにんで、厚い雲の間から傾きかけた太陽が見えた。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • 夏の夕暮れの傾きかけた太陽が黄色とも朱色ともつかぬ光でその家を丸ごと包もうとしているところだった。 松村栄子『雨にもまけず粗茶一服』より引用
  • 傾きかけた太陽が病室の白いかべをオレンジ色に染めている。 三上延『シャドウテイカー4 リグル・リグル』より引用
  • 傾きかけた太陽が注ぐ光を受けたとき特有のあの透明な大気のおかげで、島の細部に至るまですべてを認めることができた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(1)』より引用
  • 暗く重苦しかった一日を最後の一時間で取り返そうとでもいうのか、すでに低く傾きかけた太陽が、その明るい顔をのぞかせた。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • 煙の霧はだいぶ収まり、傾きかけた太陽の光が炭化した椰子林に差し込み始めた。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 傾きかけた太陽がその枝越しに豊かな光をそこここで影のある小道に投げている高いにれの古木は、彼の幼いころの連想を呼び覚ましました。 ディケンズ/北川悌二訳『ピクウィック・クラブ(上)』より引用
  • かたむきかけた太陽が、赤味を増してかげばす。 喬林知『今日からマ王 第03巻 「今夜はマのつく大脱走!」』より引用
  • 三郎は、傾きかけた太陽に頬を染めていた。 梅田みか『別れの十二か月』より引用
  • 西に傾きかけた太陽が、梢のむこうでバラ色に輝き、やわらかな光を一面に投げかけている。 ディクスン『ドラゴンになった青年』より引用
  • 西に傾きかけた太陽に容赦なく焼け肌を照りつけられて、どれほど痛がっていることか、どれほど長靴男を慕っていることか、計り知れないことであった。 井伏鱒二『黒い雨』より引用
  • 傾きかけた太陽に直射された部分はすばらしく華麗に輝いたので、彼女は突然、ガソールのガハンの華麗な衣装を思いだしたが、彼のことを考えると、腹立たしげに頭をふり、それから、その手近な塔と囲いの石垣を、もっとはっきり見るために、油断なく半メートルほど移動した。 バローズ『火星シリーズ05 火星のチェス人間』より引用