傾きかけたとき

5 の用例 (0.00 秒)
  • 子供もなかったし、今から思えば、会社が傾きかけたときには、すでにはらを固めていたに違いない。 貴志祐介『クリムゾンの迷宮』より引用
  • 青年時代は良心が邪曲のほうに傾きかけたときには、良心の鏡におのれを写してみようとはあえてしない。 バルザック/小西茂也訳『ゴリオ爺さん』より引用
  • 棟居の追及心が安易に傾きかけたとき、訃報ふほう記事の中の「告別式は、二十三日午後二時より、自宅で」という文字が大きく浮かび上がってきた。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 安岡中将の意図が追撃に傾きかけたときに、飛来した友軍機が投下して行った通信筒にも、伊藤大尉がもたらした情報を裏書きするような報告があった。 五味川純平『ノモンハン(上)』より引用
  • 太陽がエスタードス島の高い絶壁の背後に傾きかけたとき、〈マウレ〉はサン・ジュアン岬を右舷に見やった。 ヴェルヌ/大友徳明訳『地の果ての燈台』より引用