傾き

全て 動詞 名詞
3,857 の用例 (0.02 秒)
  • 日は大きく西に傾き、スーパーの駐車場には建物の影が長く伸びている。 小池真理子『虚無のオペラ』より引用
  • あの強引さは、傾きかけた船の中での必死の努力だったのかもしれない。 清水義範『家族の時代』より引用
  • そんな人ばかりでもありませんけれど多くはまあそういう傾きがある。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • 陽は西に傾き、二人の影が伸びて、川面の流れに動くものを作っていた。 豊田穣『海兵四号生徒』より引用
  • と購入に傾きかけたが、店にあるぶんでは、十六枚に満たないとのこと。 岸本葉子『マンション買って部屋づくり』より引用
  • そのうちだんだん日がかたむきかけて、みじかあきの日はれそうになりました。 楠山正雄『葛の葉狐』より引用
  • いずれにしても、おなじ銭を払いながら小さく見物している傾きがある。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用
  • その傾きかけた半蔀はじとみの格子戸を押し開けて、二人は堂内へと入ってゆく。 藤水名子『浪漫’s 見参!桜子姫』より引用
  • 静信は、傾きかけたドアの間から滑り込んできた少女に軽く手を挙げた。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 既に午後三時を回り、傾きかけた太陽が西の空をあんず色にめている。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』より引用
  • そんな人ばかりでもありませんけれど、多くはマアそういう傾きがある。 河口慧海『チベット旅行記(上)』より引用
  • 日が傾きはじめた公園では若いカップルがあちこちで肩を寄せ合っている。 山本文緒『紙婚式』より引用
  • それだけの力の傾きを将に間一髪のところで支えている心というのは。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 実に急激に青山のような旧家の傾きかけて行ったのもその時からである。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • また製造部にいる者は店の営業に興味を持たなくなる傾きがある。 相馬愛蔵『私の小売商道』より引用
  • 床の傾きが急になり、足に力を入れてないと立っていられなくなる。 藤ダリオ『出口なし』より引用
  • 桜の木に隠れるようにして、傾きかけたお墓が二つ三つと並んでいる。 片山恭一『雨の日のイルカたちは』より引用
  • 欧州にいる間も心は揺れ続けたが、気持ちは次第にセガに傾きかけていた。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』より引用
  • 風のある日は、棒は斜めになりますが、その傾きは風の程度に従います。 宮沢賢治『グスコーブドリの伝記』より引用
  • 秋の太陽はもうかたむきはじめているかもしれないが、絶対に暮れてはいない。 山本弘/友野詳/清松みゆき/西奥隆起『妖魔夜行 幻の巻』より引用
  • 次へ »