傷跡

全て 名詞
1,339 の用例 (0.01 秒)
  • 今回の歴史的事件を通して、改めて戦争の傷跡の深さを考えさせられた。 阿川佐和子『走って、ころんで、さあ大変』より引用
  • 私の心と体に傷跡をつけた男の名前や顔ははっきりとまだ覚えていた。 乙一『ZOO』より引用
  • 例えば骨盤の傷跡により女性が産んだ子供の数を推測することができた。
  • 指には、三日月が下を向いたような形の、小さな白い傷跡が残っていた。 ベレアーズ『(ルイスと魔法使い協会7)魔法博物館の謎(TXT)』より引用
  • おまえの額の傷跡がどうしてできたか不思議に思ったことはありゃせんか? ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 01 ハリー・ポッターと賢者の石』より引用
  • 冷たい風に肘の傷跡が痛み出すと彼女の心も微かに疼き出すのであった。
  • かつては傷を負っていた彼の心の中には、もはや傷跡があるのみであった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • もう消えないと思われていたひどい傷跡きずあと消滅しょうめつし、喜んでいる女の子がいた。 乙一『きみにしか聞こえない CALLING YOU』より引用
  • 二度の手術に耐えた州波の傷跡は、その一言で新たな血を噴き出した。 幸田真音『傷 邦銀崩壊(下)』より引用
  • その傷跡を透かして、彼女の頬の白さが見えてきそうなくらいだった。 小川洋子『薬指の標本』より引用
  • しかも私はこの傷跡がいったいどうしてできたものだか少しも知っていなかった。 横溝正史『金田一耕助ファイル01 八つ墓村』より引用
  • 六畳の障子が奥から開いて、頬に傷跡のある杉山の顔だけがヌツと出る。 三好十郎『疵だらけのお秋』より引用
  • その深い傷跡だらけの顔の表情は分からなかったが、とうとうビルが言った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • 事故のことはよく覚えてないけれど、今でも胸にはその時の傷跡が残っている。 奈須きのこ『月姫 翡翠 true.txt』より引用
  • ニューヨークは戦争の傷跡を見せずに、世界の一流都市へと成長した。
  • 全にとって朝鮮戦争は過去の悲劇ではなく現在に残る傷跡であった。
  • しかも、機体の各所には決して見違うことのない傷跡が残されている。 はままさのり『青の騎士 ベルゼルガ物語 1』より引用
  • また結婚まで暮らした実家は家族仲が良く貧しくもなく戦争の傷跡もない。
  • 机の縁は小刀で傷だらけになっていて、机の表面にも傷跡がたくさんあった。 尾克彦『父が消えた 五つの短篇小説』より引用
  • 自然災害とは別の、殺傷事件が存在していたことを明確に示す傷跡だった。 吉村達也『ケータイ』より引用
  • 次へ »