傷つく

全て 動詞
1,045 の用例 (0.01 秒)
  • そして加世は自分で望んだ以上に傷ついて、やはりこの家へ戻って来た。 森瑤子『女ざかり』より引用
  • それは、傷つくことの痛みに耐えられないと言っているのと同じだった。 五條瑛『冬に来た依頼人』より引用
  • 革命のため手段を選ばぬ政治活動に、彼の心は傷つき耐えられなくなる。 太宰治『人間失格』より引用
  • 傷つく人がいる以上、言葉に規制がかかるのは仕方がないことですから。 西尾維新『化物語(上)』より引用
  • そもそもその程度の衝撃で、あの襲撃者が傷つく筈もなかったのだから。 奈須きのこ『歌月十夜 05 赤い鬼神』より引用
  • 目が傷つかないように角のあるものはなるべく使わないようにすること。
  • どの一人をえらんでも、残された他のひとたちが傷つくような気がした。 田中澄江『なぜ愛なのか 十三の報告から』より引用
  • 彼女の傷ついた人生から立ち直らせてあげることができたかもしれない。 新津きよみ『女友達』より引用
  • これは、八カ月間のゴミの島の暮らしの中で一番傷ついたことだという。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • 壁にかけてあった絵は、落ちて傷つかぬよう、どれも床におろしてある。 大沢在昌『深夜曲馬団』より引用
  • あの人はずっと傷ついてきたのに、今まで綺麗むきずなままここにいてくれた。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 弟を失ったことで、最も傷つき喪失する者が多かったのは彼自身だった。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • それで自専心が傷つくわけではなかったが、実際的ではないとは感じた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • 傷ついた獣が朦朧もうろうとした意識で足を引きずりながら逃げるのに似ている。 犬村小六『とある飛空士への追憶』より引用
  • それは同時に、深いりしすぎて傷つかずにすむ距離の取り方でもあった。 大野木寛『ラーゼフォン夢みる卵』より引用
  • 僕は彼女の言葉に傷つきながら、彼女の涙の中に僕の愛を感じていた。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • 車が傷つくし、隠す必要もなくなってきたというのが大きな理由である。 金益見『ラブホテル進化論』より引用
  • 丈にもしものことがあったら、いったい何人の人間が傷つくことになる? 大迫純一『ゾアハンター 02 ウリエルの娘』より引用
  • 家族と兵をわけておいたほうが兵の士気は傷つかないのではありませんか? 開高健『(耳の物語2) 夜と陽炎』より引用
  • 他人が傷つくより自分のほうが大事だと考えた時点で、いじめは始まる。 松岡圭祐『千里眼の教室』より引用
  • 次へ »