傲慢な貴族

6 の用例 (0.00 秒)
  • ただ、その数瞬後のホロの様子は、まったく傲慢ごうまんな貴族のようだった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • 彼に限らず、元が傲慢ごうまんな貴族のこと。 吉野匠『レイン4 世界を君に』より引用
  • 粗野で傲慢な貴族将校が多い中、彼は知的で物静かであった。
  • ローマの人々にとって、ベアトリーチェは、傲慢な貴族社会へのレジスタンスの象徴となった。
  • きみのすきなボナパルトが、男爵だんしゃくだの伯爵だのをこさえていなかったら、今日、傲慢ごうまんな貴族どもが残っているはずはない。 スタンダール『赤と黒』より引用
  • しかも、チェホフを読んだことのある青年ならば、父は退職の陸軍二等大尉、母は傲慢ごうまんな貴族、とうっとりと独断しながら、すこし歩をゆるめるであろう。 太宰治『晩年』より引用