傲慢な性格

46 の用例 (0.00 秒)
  • この前も感じたことだが、目の前の仮面のような顔をした男は傲慢ごうまんな性格のようだ。 深谷忠記『タイム』より引用
  • シュペーアは挙動不審でかなり傲慢な性格であったと著書に残している。
  • こういうところに兄貴風を少年時代から吹かせて来た大碓の傲慢ごうまんな性格が表われている。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 1 大和の巻』より引用
  • また、非常に傲慢な性格であり、自身の作戦に意見した部下を殴り飛ばすこともある。
  • また傲慢な性格で、劉備が出席する席でもだらしない振る舞いを止めなかった。
  • しかし、傲慢な性格が災いしてしばしば左遷される場合もあった。
  • 傲慢な性格からそれを拒否した尚実は一晩拘留され、示談を渋々受け入れる。
  • フセイン・カーミルを知る人物は、彼が非常に傲慢な性格の人物であったと回想している。
  • スペインとの外交で露見したように、バッキンガム公は横柄で傲慢な性格であった。
  • 傲慢ごうまんな性格が顔に出たような、貴族らしき男を先頭に、どやどやと武装した騎士や兵士達が入ってくる。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • 財閥の3世の高校生であるカン・ジェギョンはわがままで傲慢な性格に育っていた。
  • 張邵は傲慢な性格で、その鹵簿は主君と見まがうばかりに飾り立てていた。
  • おそらく生来が傲慢ごうまんな性格なのだろうが、それが「力」を握っているのだから、その結果は当然想像がつくというものだ。 赤川次郎『プロメテウスの乙女』より引用
  • 口では平和と市民への愛を謳っているが実際は尊大で傲慢な性格の持ち主であり、市民のことも自分の意に従い続けるからこそ美しいと言って憚らない。
  • 一人の女性としての美雨は傲慢な性格もほの見える。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • 彼を頭上に乗せるイルヤンカはその理由を知っているが、しかし彼は盟友めいゆうのように奇矯ききょうかつ傲慢ごうまんな性格ではない。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第10巻』より引用
  • 幼少より文武に優れ、派手好きで傲慢な性格であったという。
  • 中国拳法の歴史に大きな誇りを持ち、当初は中国4000年を鼻に掛け過ぎた傲慢な性格であったが、刃牙に敗れて以降は態度を改め温和な性格になった。
  • ところが次第にナフシャは傲慢な性格となり、インドラの神妃シャチーを自分のものにしようとした。
  • しかし自分の不在中に雑誌の取材を受けるなど、自分を蔑ろにする助教授・財前の傲慢な性格を非常に嫌った。
  • 次へ »