備に

全て 副詞
685 の用例 (0.01 秒)
  • 関帝とは中国後漢末期に劉備に仕えた関羽が神格化されたものである。
  • 漢中から馬超が攻め込んでくると、孟達と共に劉備に援軍を求めている。
  • 張松が兄の訴えで斬られたことは、劉備にとってはまさに痛恨事であった。 陳舜臣『秘本三国志 05 (五)』より引用
  • 劉備に怒っていて、意地悪したかったのだ、と解釈するのが自然であろう。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • この噂でどちらが有利になるか、身が重くなるかといえば劉備に違いない。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • こうして、小沛を脱出する劉備には、職まで用意されていたのである。 陳舜臣『秘本三国志 03 (三)』より引用
  • 劉備に従って南へ逃げる衆は十余万人、輜重は数千輛の多きにのぼった。 陳舜臣『秘本三国志 04 (四)』より引用
  • 建安13年に劉表が死去すると、霍峻は劉備に仕え、中郎将に任命された。
  • だが同年末に、呂布の襲撃を受け逃れて来ていた劉備に宴席で謀殺された。
  • さらに、劉備に即位することを進めたとき、他の群臣と共に登場している。
  • 猛将として有名だった馬超が劉備に帰順したことを知った劉璋は震撼した。
  • そうでなければどうしてああも大勢の者が劉備について行くのか。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • 熱に浮かされたかのように劉備に従った情熱は結局一体なんだったのだろう。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • 的廬は他人には祟るが劉備には祟らないという、変な忠馬なのである。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • 先に定めた方針通り、劉備に江陵を占拠させるようなことはさせぬ。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • 劉備に魔性と言っても過言ではない魅力があることは認めざるを得ないところだ。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • 初めは劉備に仕えたが、後に孫権に降り、呉の政治家となった。
  • 曹操が劉備に期待しているのも、劉表と孫権を消滅させることにほかならない。 陳舜臣『秘本三国志 04 (四)』より引用
  • と、孫権が蜀の劉備に要求するのはとうぜんのことだったのである。 陳舜臣『秘本三国志 05 (五)』より引用
  • 諸葛孔明にしても、劉備に再三の懇請を受けて客になったと考えてもよい。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明』より引用
  • 次へ »