傍輩

全て 名詞
52 の例文 (0.00 秒)
  • 傍輩ほうばい小幾こいくさんと呼ばれたのまで、僕の耳に留まったのである。 ...
  • それがしは故殿様にも御当主にも亡き父にも一族の者どもにも傍輩ほうばいにも面目がない。 ...
  • 一族・傍輩ほうばいが寄り集まって祝したが、その翌年にはまた立身して重役となった。 ...
  • 「それはどうでもなることだ」 と傍輩などが言って、なんということもなく時が流れた。 ...
  • 傍輩ほうばいの直感で、松坂局は三帆の心中にある忠刻への思慕を察知していた。 ...
  • 起きて二階を下り見れば、傍輩ども牝鶏を殺す所なり。 ...
  • そしてやしきに帰ってから、これを傍輩ほうばいに語った。 ...
  • 傍輩が、みんなして死顔に化粧をしたというのだが、赤い唇からは今にも話しかけて来そうな感じがある。 ...
  • 大坂屋では是が最高の給額で、利兵衛一人がこれを受け、傍輩に羨まれてゐた。 ...
  • それを傍輩の女中が羨しがって「お前さんばかり、そんなお沙汰があつたのだから」と言っている。 ...
  • 吉田は松野のもとを退いた後のことであったが、古い傍輩ほうばいであった者に聞いたところ、話の内容に相違はなかった。 ...
  • 台所にいた千場作兵衛、そのほか重手を負ったものは家来や傍輩が肩にかけて続いた。 ...
  • 佐野さんが来るのを傍輩がかれこれ云っても、これも生帳面きちょうめん素話すばなしをして帰るに極まっている。 ...
  • 数馬は傍輩の口から、外記が自分を推してこのたびの役に当らせたのだと聞くや否や、即時に討死をしようと決心した。 ...
  • そこで傍輩ばうはいに憎まれてゐたたまらなくなるのである。 ...
  • 実は傍輩ほうばいが言うには、弥一右衛門殿は御先代の御遺言で続いて御奉公なさるそうな。 ...
  • コルセットを傍輩ほうばいに頼んで力いっぱい締めてもらったからだ。 ...
  • 次へ