偶然

全て 名詞
19,732 の用例 (0.02 秒)
  • Aの家へ私が着いたときは偶然新らしく東京へ来た連中が来ていました。 梶井基次郎『橡の花』より引用
  • これは偶然なのか、それともプログラム編成者の皮肉なのか不明である。 寺田寅彦『映画雑感(Ⅲ)』より引用
  • 本当らしい小説とは単に事件の発展に偶然性の少ないばかりではない。 芥川竜之介『侏儒の言葉』より引用
  • 最初のちょっとの間は、これはただ偶然の出来ごとに相違ないと思った。 三上於菟吉『空家の冒険』より引用
  • 偶然とはいいながら今彼に会ったことは登志子は何よりもうれしかった。 伊藤野枝『わがまま』より引用
  • 数年前の話であるが、私はある日新聞に偶然次のやうな広告を読んだ。 坂口安吾『狼園』より引用
  • その間にお互偶然に顔を合はせたことが、忘れもしない、たつた三度だ。 岸田国士『序文』より引用
  • 帝大のは偶然館外に貸出してあった一冊が震火を免かれて今残っている。 内田魯庵『八犬伝談余』より引用
  • そういう男等が偶然この土地へ来たり、また知り人を尋ねて来たのである。 森鴎外『鴉』より引用
  • それが足の肉に喰い込んでいた痛みが偶然発見をもたらしたのである。 海野十三『電気風呂の怪死事件』より引用
  • この教程は今考えてみると偶然とは言いながら実によくできていたと思う。 寺田寅彦『蒸発皿』より引用
  • 偶然の一致かもしれないが爆発の影響とも考えられないことはない。 寺田寅彦『小爆発二件』より引用
  • 天下に批評家の充満しているのは必ずしも偶然ではなかったのである。 芥川竜之介『文章』より引用
  • こんなに明治になってまたき返って来たというのも決して偶然ではない。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 或る人の思想は一つや二つの文章を偶然のように読んでもわかるものではない。 戸坂潤『読書法』より引用
  • そしてここへ来てから偶然に耳にしたニュースのようなものを二つ三つ話した。 島木健作『癩』より引用
  • まちをつと末男すゑをは、偶然ぐうぜんにも彼女かれとおなじ北海道ほくかいだううまれたをとこであつた。 素木しづ『追憶』より引用
  • そしてちょうど折よく偶然に起った出来事によって助かったことを喜んだ。 ポー・エドガー・アラン『落穴と振子』より引用
  • その軍服のポケットの中に、偶然一まいの見取地図がはいつてゐました。 鈴木三重吉『勇士ウ※[#小書き片仮名ヲ]ルター(実話)』より引用
  • 私たちは偶然な社会組織の結果からこんな特権ならざる特権を享楽した。 有島武郎『小さき者へ』より引用
  • 次へ »