側の出口

60 の用例 (0.00 秒)
  • そこで車を降りて、ビルに入って行き、中を歩いて反対側の出口へ行く。 松本清張『迷走地図(上)』より引用
  • 南側の第二白井トンネルはごく短く、反対側の出口を見ることができる。
  • と、経子は三千子に謎のような言葉を残して、反対側の出口へ回って行った。 川端康成『乙女の港』より引用
  • 彼女が目指している公園の反対側の出口には交番が建てられた。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • 港鉄東鉄線の大学駅で降り、海側の出口から出て馬料水埠頭に着く。
  • 五年前まで通っていた音大があるのとは反対側の出口を出て、歩いて十五分ほどのところに秋穂のマンションはある。 神永学『コンダクター』より引用
  • 俺が反対側の出口の方に歩きだすと母子は進路を微妙に変えて、ますます俺に近づいてくるようだった。 長嶋有『タンノイのエジンバラ』より引用
  • それで組員を十二、三人集め、正面と三井ビル側の出口を押さえた。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • もしかなめが無事に敵の手をのがれているのなら、最深部を通って反対側の出口を目指しているはずだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!10 せまるニック・オブ・タイム』より引用
  • でも、自国側の出口で同じことを自分たちが殲滅するはずだった敵がしかけようとしている。 児玉ヒロキ『イット』より引用
  • たいへんな苦労をして、僧を通路の反対側の出口までつれて行き、僧の部屋に入ると、ベッドに寝かしつけた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(1)』より引用
  • これによって中ノ湯側の出口は当初予定されていたよりも北側に変更され、トンネル延長が当初の予定より20m長くなった。
  • 道路側の入口と海側の出口はドアどころか壁すら存在しないので、潮風が直接吹き抜けている。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第04巻』より引用
  • また、大牟田方面ホーム側の出口付近に公衆電話・便所・駐輪場が存在する。
  • たいまつを持った二人の案内人につれられたアルベールが、コロセウムのちょうど反対側の出口から出て来るのを見ていた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 本項では、便宜的にペデストリアンデッキ側の出口を「南口」と記載する。
  • 見ると反対側の出口で青いドレスを着た美少女が立っていて啓太に向かってぺこりと一礼し。 有沢まみず『いぬかみっ!04』より引用
  • 渋谷についたが、どっち側の出口を見ても、カン子の姿はない。 阿佐田哲也『先天性極楽伝』より引用
  • トンネルの大任町側の出口までは行かず、トンネル内の大任町との町境付近に設置されたフェンスの手前で折り返し赤駅に戻る。
  • 一階へ降りて弁護士会館側の出口へ向いながら、綿谷はいう。 笹倉明『遠い国からの殺人者』より引用
  • 次へ »

側の出口 の使われ方