健啖家

全て 名詞
70 の例文 (0.00 秒)
  • 健啖家けんたんかの西園が食事を途中でやめてしまい、信子に下げさせてしまった。 ...
  • もしあのかたと食事をいっしょにしただけでは健啖家かどうかということがわかるにすぎません。
  • 食欲を強く刺激し、いやがうえにも人を健啖家けんたんかにさせずにはおかない香りだった。
  • 鷹原はかすみでも食べているような顔に似合わず、普段から健啖家けんたんかである。 ...
  • 私はと言えば、私は健啖家ではないから選り好みをした上でごく少量を口にする。 ...
  • 健啖家だが食事内容はもっぱらワインとステーキばかりと偏食が目立つ。 ...
  • 二人の女客は、かなりの健啖家けんたんかで、彼に負けないぐらい、皿を空にして行った。 ...
  • その大原というのは同じ学校にいた朋友だが校中第一の健啖家けんたんかで、その男の物を食べるには実に驚く。 ...
  • アシェンデンは彼女が健啖家けんたんかであることにとっくに気づいていた。 ...
  • 単に健啖けんたん家という言葉では十分ではない。 ...
  • べつに忠熈がひとなみはずれた美食家だとか健啖けんたん家だとかいうのではない。 ...
  • 実際に初期は油モノが苦手という描写があるがアイドルになってから始めたという設定のブログの方ではかなりの健啖家になっている。 ...
  • 彼ほど健啖家けんたんかでない幹比古は、ホテル最上階の展望室に来ていた。 ...
  • また小食の人も健啖家けんたんかも、にくを注文すれば同じ分量をさずけられる。 ...
  • アルコール類は受けつけなくとも、相当な健啖家けんたんかではあるだろう。
  • が、この腕白わんぱく猫めはすこぶる健啖家で、ちっとやそっとのお裾分すそわけでは満足しなかった。 ...
  • 僕は学校にいた時分から校中第一の健啖家けんたんかと称せられて自分も大食を自慢にしたくらいですから僕の胃腸は随分骨が折れましょう。 ...
  • 次へ