停める

全て 動詞
500 の用例 (0.00 秒)
  • リヤカーが二台ほど停められる大きさで人間のひとみのような形をしていた。 飴村行『粘膜人間』より引用
  • 青年はその駐車場に車を停めると、三輪子を伴ってレストランに入った。 小池真理子『天の刻(とき)』より引用
  • この一九六七年の2ドアは、ある家の庭に長いあいだ停めたままだった。 片岡義男『頬よせてホノルル』より引用
  • 数軒離れた大邸宅の門前に車を一台停めるのが可能なスペースがあった。 筒井康隆『大いなる助走』より引用
  • こう云っているうちに、池のふちに出たので、二人共ちょいと足を停めた。 森鴎外『雁』より引用
  • すぐ近くにめてあった車のドアが開いて男が一人、飛び出して来た。 赤川次郎『世界は破滅を待っている』より引用
  • 店の前に車を停めると、カウンターの中にいた女性が顔を上げました。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』より引用
  • 右手は倉庫の壁の端で、この後方には、われわれの車が停めてあるのだ。 アンブラー/田村隆一訳『あるスパイの墓碑銘』より引用
  • しかし彼の伸縮している心臓だけは、どうも停めることが出来なかった。 海野十三『火葬国風景』より引用
  • すっかり夜になっていたが、半分近くのスペースに車が停めてあった。 赤川次郎『幽霊散歩道(プロムナード)』より引用
  • 彼女はしかし、階段を降りずに、反対側の総武線のホームに足を停めた。 勝目梓『女教師に捧げる鉄拳』より引用
  • 少し離れて停めておいた車に戻ると、危いところで本降りの雨になった。 赤川次郎『悲歌』より引用
  • しかもこんどの手は生産を一時的にせよ停めるようなものだからな。 織田作之助『郷愁』より引用
  • すると、間もなく今まで走っていた列車は急に進行を停めてしまった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 空中を飛翔ひしようするものを停めろという、命令の意味がわからないのである。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • 宿泊客を興ざめさせるためわざとそこに停めているとしか考えられない。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • 車は五台停められており、左ハンドルのものが、そのうち三台もあった。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • 停めてある自動車の濡れた屋根の列が、明かりを受けて鈍く光っていた。 片岡義男『少女時代』より引用
  • だが、彼女はすぐに足を停め、歩道の端に立って、車の列に眼を投げた。 勝目梓『その死を暴くな』より引用
  • 幸麿はその家の前に停めた車の中で、何事か思案していたところだった。 松村栄子『雨にもまけず粗茶一服』より引用
  • 次へ »