倭女王卑彌呼

4 の用例 (0.00 秒)
  • 然れば倭女王卑彌呼及其嗣者壹與は崇神天皇と同時代の人たりしなり。 白鳥庫吉『倭女王卑弥呼考』より引用
  • 此の如く倭女王卑彌呼の性質を論究したる後に於いて、余輩ははじめて我神典中の一大疑問を解釋し得べしと信ず。 白鳥庫吉『倭女王卑弥呼考』より引用
  • 倭女王卑彌呼は如何なる方法を以て國民を統馭せしかは、『魏志』に記す所の文辭甚だ簡單にして、其の詳なること得て之を知るべからずと雖も、祭祀を以て政治の要道とする一種の神裁政治なりし點に於いては、神功皇后に異る所なきを認めずんばあらず。 白鳥庫吉『倭女王卑弥呼考』より引用
  • 飜て『魏志』の文を案ずるに、倭女王卑彌呼は狗奴國男王の無禮を怒りて、長く之と爭ひしが、其暴力に堪へずして、遂に戰中に死せり。 白鳥庫吉『倭女王卑弥呼考』より引用