借りる

全て 動詞
3,025 の用例 (0.01 秒)
  • その家を借りて飲食店にしようとした時から、へやは今のとおりであった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 我々は何も音楽家の力を借りて判じものをやろうとしているのではない。 伊丹万作『映画と音楽』より引用
  • そのために、いくらかは酒の勢いを借りるということがあったのだろう。 山口瞳『酒呑みの自己弁護』より引用
  • 軽井沢へも持っていった勉強をさらに進め、そのあと本を借りて読んだ。 片岡義男『少女時代』より引用
  • 標札屋の片店を借りていた筈の「波屋」はもうなくなっていたのである。 織田作之助『神経』より引用
  • ああ云う風な商売をして居ては金を借りるのにもなれてましょうから。 宮本百合子『お久美さんと其の周囲』より引用
  • おけいさんは三田みたの方の、ある静かなところに門のある家を借りていた。 徳田秋声『仮装人物』より引用
  • 新しく部屋を借りるのは、金があっても二十歳のガキには大変だからな。 石田衣良『少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2』より引用
  • わたしの家でもここからいろいろの小説などを借りたことがあった。 岡本綺堂『ゆず湯』より引用
  • 今はもう誰にはばかるところもなく、一軒の家を借り同棲することとなった。 海野十三『棺桶の花嫁』より引用
  • 人から借りて来た権威というものはツクヅクあてにならないものである。 戸坂潤『社会時評』より引用
  • むろの方の話を纏めるにしても、浅井の力を借りないわけに行かなかった。 徳田秋声『爛』より引用
  • 前借金は七十円以上借りてないものはほとんどないといってよかった。 島木健作『鰊漁場』より引用
  • ここはあたしの借りたアパートだから、あんたが出て行く方が早いわ。 岸田国士『ある夫婦の歴史』より引用
  • 私は四五年前からある信託会社の地下室の保護金庫を借りて居りました。 大倉燁子『消えた霊媒女』より引用
  • 自分で借りたものよりも、そうしたものの方が多かったかも知れない。 豊島与志雄『死ね!』より引用
  • 三千子が僕の家に、二週間ばかり、夜の宿を借りに来たことがあった。 豊島与志雄『好人物』より引用
  • 私は二十人ちかくの人から、まるで奪い取るように金を借りてしまった。 太宰治『東京八景』より引用
  • 指導者の手を借りてでないと、彼女は無我の境に入ることが出來なかつた。 海野十三『心霊研究会の怪』より引用
  • ものを売ったり借りたりして二百円はできたが、あとがどうにもならない。 内山完造『魯迅さん』より引用
  • 次へ »