倖運

全て 名詞
2 の例文 (0.00 秒)
  • 今一歩進めれば、常世が恋愛の浄土と考へられるのは、支那民譚の影響もあらうが、内容には、巫女が人間と婚する事実の民譚化した女神の、凡俗で唯倖運であつた男を誘うた在来の話が這入つて居る。
  • 晩香は長岡での全盛時代、偶々たまたま軍需景気の倖運児の妾となったが、元来妾という裏切り行為をいさぎよしとせず、断然之を精算して、自ら進んで名家の正妻となったけれども、散々苦労の末、遂に破鏡の憂目に遭った。 ...