倒れ込む

全て 動詞
394 の用例 (0.01 秒)
  • 腰に手をまわした姿勢のまま、昆虫屋も一緒になって女の脇に倒れ込む。 安部公房『方舟さくら丸』より引用
  • 俺は泣きそうになりながら、女座りのような格好で床に倒れ込んでいる。 松野秋鳴『えむえむっ! 第03巻』より引用
  • 手を床につき、その場に倒れ込みそうになる自分を必死に耐えていた。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • それを耳にすると二人は走るのを止めてその場にドサッと倒れ込んだ。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • 腰の無線機を取ろうとした手が空を切り、ギリガンは通路に倒れ込んだ。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』より引用
  • ひとりになった夜、リディアはぐったりした気分でベッドに倒れ込んだ。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第17巻 すてきな結婚式のための魔法』より引用
  • 地両に倒れ込んだ直後の不安定な姿勢では、続けて跳ぶ事など不可能だ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第09巻』より引用
  • 由加子はそこに倒れ込んで死に、私はそのおかげで命を拾ったのでした。 宮本輝『錦繍』より引用
  • 忠道は郎党らがなにもない庭に倒れ込んだのを眺めてげらげらと笑った。 高橋克彦『紅蓮鬼』より引用
  • 突然慎也がうめき声を上げて頭を抱えながら横にドサリと倒れ込んだのだ。 山田悠介『@ベイビーメール』より引用
  • 彼は床に倒れ込み、おぼろな意識の中で死を知ったのではなかったか。 阿刀田高『異形の地図』より引用
  • 俊夫の平手打ちで殴られたと気づいたのは地面に倒れ込んでからである。 中場利一『えんちゃん 岸和田純情暴れ恋』より引用
  • まるで電気でも浴びたように体がふるえ、バランスを崩して床に倒れ込む。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用
  • すべての表情を消して、びしょ濡れの肢体がおれの胸に倒れ込んできた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター06 エイリアン魔界航路』より引用
  • それでも、階段の段差へと倒れ込もうとする少女に全力で手を伸ばした。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第02巻』より引用
  • 少年は勢いよく床に倒れ込んだが、誰も助け起こそうとはしなかった。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第10巻 ロンドン橋に星は灯る』より引用
  • 俺はそのまま糸の切れた操り人形のように、ばたりと畳に倒れ込んだ。 奈須きのこ『歌月十夜 49 夢限回廊』より引用
  • たおれ込むように椅子いすに背を投げ出した部長に他の部員たちがけ寄った。 谷川流『涼宮ハルヒの憂鬱』より引用
  • 二人は乱れた布団の上へもつれ合うようにゆっくりと倒れ込んで行った。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 1) 定吉七は丁稚の番号』より引用
  • 部屋へ入って、二人はほとんど話もしない内にベッドへとたおんだのだった。 赤川次郎『失われた少女』より引用
  • 次へ »