倒す

全て 動詞
5,963 の用例 (0.01 秒)
  • 戸口の二人は、それらを倒さずにはもう一歩も前に進めない状況だった。 森博嗣『G 01 φは壊れたね』より引用
  • 敵を倒すためには敵の内状をくわしく知って置かなくてはならんからね。 石川達三『青春の蹉跌』より引用
  • 大きく開いた口が目の前に迫ったとき、リディアは誰かに引き倒された。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第09巻 女神に捧ぐ鎮魂歌』より引用
  • その一瞬が、あの一体を倒すために必要なことだったとわかってはいる。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • かつて戦って倒してきた能なしの大貴族どもと私が異なる点はそこにある。 田中芳樹『銀河英雄伝説 05 風雲篇』より引用
  • やりや矢を作るために森の木はり倒され、たくさんの兵士が死にました。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • これ以上、何か逆転の手を打たれるまえに確実に倒さなくてはならない。 九里史生『SAO Web 0405 第七章02~転生Ⅱ』より引用
  • 戦が始まったら、てきたおすために手段しゅだんを選ばないのが人間の本性ほんしょうである。 水野良『魔法戦士リウイ ファーラムの剣 呪縛の島の魔法戦士』より引用
  • 倒された女子二名に遅れてこのグループの頭の長谷川先生がすがってきた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 03』より引用
  • 倒した自転車をすべて戻した後、独特の距離感を保っての会話が始まる。 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • 人の上に立って、敵を倒す事はできても同時に敵を作る事はけられない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第03巻』より引用
  • 丈の低い緑の植物が頭だけを泥の上に出して、吹き倒されてしまっている。 小野不由美『十二国記 01 月の影 影の海(上)』より引用
  • むろんこれで倒すことなどできはしないが、目くらましには十分である。 神坂一『スレイヤーズ01 スレイヤーズ!』より引用
  • しかし人によっては、殴り倒されるとてのひらを返したように変わる者がいる。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(下)』より引用
  • これらの土一揆は、必ずしも支配階級を倒そうとする運動ではなかった。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 家を引き倒されるよりも、米をやったほうが増しだと考えたのである。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • その過程で少年自身もっとも苦戦することになる死神を倒す経験けいけんも経た。 有沢まみず『いぬかみっ!08』より引用
  • それでも肩のあたりを攫へて突き倒されるやうな感じのする水の勢である。 長塚節『松虫草』より引用
  • しかし敵はなかなか倒れず、倒すのに五分強の距離を走ってしまった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode TWO』より引用
  • その見張りが手を抜いていたのか、はたまた倒されたのかは分からない。 水野良『ロードス島戦記 外伝「ハイエルフの森 ディードリット物語」』より引用
  • 次へ »