俯く

全て 動詞
272 の用例 (0.00 秒)
  • 噂の元となった話を知った僕はうつむきながら、胸に熱いものを感じていた。 山田悠介『8.1 Horror Land』より引用
  • 佐沼は改めてベッドの上に坐って俯いている山代大五の方へ眼を当てた。 井上靖『崖(上)』より引用
  • 座席の最前列まできたところで、うつむいていた男がゆっくりと顔を上げる。 神永学『コンダクター』より引用
  • 風と雨とをけてうつむいた足元にはいつの間にか波が追いすがってきていた。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 私はうつむいて、まだほとんど口をつけていない白いワインに手を伸ばした。 森瑤子『愛の予感』より引用
  • しかし、あまりに話が大きすぎて戸惑っていたのか翼は俯いてしまった。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • 翔子はその目を見ることができず、俯きながら小さく抗議の声をあげた。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 6.5』より引用
  • ひどく悪いことを言わせてしまったような気になって、二人はうつむいた。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 伊三次は何んと応えていいかわからず首を落として俯き、返事を渋った。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • 馬鹿と云われて頷くわけにもいかず、私はいつものように黙ってうつむいた。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • 短い吐息をついて俯いた伊三次に笑助はようやく不安を覚えたらしい。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 黒く塗れ』より引用
  • 俯いたままなんとか階段まで近寄ったものの、風は更に強くなっていく。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • うつむいていたわたしは、自分の名前を呼ばれたような気がして、顔を上げた。 久弥直樹『SEVEN PIECE』より引用
  • 青年と同じ言葉を口にしたあの人は、うつむく流香をみて、力なく笑った。 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • 手の中でうつむき加減に揺れる白い花も、まるでうなずいているみたいに見えた。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム第05巻 ONRYOの夏 日本の夏』より引用
  • 男は楽しそうな口調で質問したが三つ編みの生徒は無言のままうつむいていた。 飴村行『粘膜人間』より引用
  • 何かの拍子で背中にかかる圧力が増して、ぼくはうつむいて歯を食いしばる。 米澤穂信『秋期限定栗きんとん事件〈上〉』より引用
  • 盟主めいしゅの呼びかけに会葬者かいそうしゃたちはわずかの時間、こぶしを胸に押し当ててうつむく。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える1』より引用
  • ややうつむき加減に話す彼女の姿を僕はひとつも言葉をさしはさまずに見ていた。 大崎善生『アジアンタムブルー』より引用
  • 皆、うつむいていて、そのうちの三人はハンカチを目頭に当てて泣いていた。 若合春侑『無花果日誌』より引用
  • 次へ »