信濃国塩田

8 の用例 (0.00 秒)
  • 義政が居住した信濃国塩田荘は、「信州の鎌倉」と呼ばれる中世文化が開かれた。
  • 信濃国塩田の講席に列し、数年後正円寺に戻り叔父の寂円に仕えた。
  • 建治三年に鎌倉幕府の要職である連署を務めた北条義政が信濃国塩田荘に館を構えたことに始まる。
  • 義政が信濃国塩田荘を領した事から塩田を称した。
  • また、文治元年には信濃国塩田荘地頭職にも任命される。
  • 信濃国塩田荘に住したことから、義政から孫の俊時までの3代は塩田北条氏と呼ばれる。
  • 天文22年、憲重は息子を連れて信濃国塩田城にいた武田晴信に出仕し、間もなく息子は元服して「信」の字を与えられ「信真」と称した。
  • 翌5月信濃国塩田荘に遁世した。