信仰を広める

12 の用例 (0.00 秒)
  • そして、彼らはその信仰を広めるべく文化的侵略を開始した。
  • 一方世俗権力の担い手である国家は、真の宗教、正しい信仰を広めるためのものである。
  • 北海道内の神社21社の婦人会により構成される北海道敬神婦人会連合会にも加盟しており、神社神道の信仰を広める活動や敬神婦人団体の発展等にも積極的に協力している。
  • エチオピアにルター派信仰を広めるべく宣教師を送り込んだものの、成功しなかった。
  • ポルトガル人宣教師らは彼らの信仰を広めるために日本語を学び、数多くの文法書や辞書を作成し、また文芸作品の翻訳も行っていた。
  • 熊野と浄土信仰の繋がりが強くなると、念仏聖や比丘尼のように民衆に熊野信仰を広める者もあらわれた。
  • 現在も寺に伝わり国宝に指定されている「四天王寺縁起」は、こうした信仰を広めるのに大いに力があった。
  • 塩飽水軍は金毘羅権現を深く信仰し、全国の寄港地で金毘羅信仰を広めることに貢献した。
  • 時代が下ると学侶方や行人方とともに高野山の一勢力となり、諸国に高野信仰を広める一方、連歌会を催したりして文芸活動も行ったため民衆に親しまれた。
  • 「出開帳」とは、江戸や京都などの大都市に会場を設けて、寺院の秘仏霊宝等を公開する行事で、当該寺院への信仰を広めるとともに、勧進を目的とすることが多かった。
  • 長崎の出島において、中国僧より直接、当時の中国密教と戒律等の伝授を受け、その生涯を通じて本尊とした準提仏母の信仰を広めると共に、御霊の供養と飢饉救済を目的とした仏塔の建立に勤め、大小あわせて約八万四千の仏塔を建立したと伝えられる。
  • 正保年間、菅原道真の末裔であった九州の太宰府天満宮の神官、菅原大鳥居信祐は、天神信仰を広めるため社殿建立の志をもち、諸国を巡った。