信じる

全て 動詞
5,989 の用例 (0.01 秒)
  • 少し同情するようなことをいう人があるとすっかり信じてしまうんだよ。 伊藤野枝『転機』より引用
  • 僕たちは、時代と場所との制限をうけない美があると信じたがっている。 芥川竜之介『野呂松人形』より引用
  • 私は学校が終わったら家に帰って来るものだと、お母さんは信じてるの。 片岡義男『少女時代』より引用
  • などと真顔に言っていたくらいだからたぶん僕もそうと信じ切っている。 大杉栄『獄中記』より引用
  • 彼は元々赤外線男などという不思議な生物があるとは信じていなかった。 海野十三『赤外線男』より引用
  • しかし実際は信じているのだということは誰でも知っていたのである。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • わたしは何から何まであなたを信じているのがいい事なのでしょうか。 有島武郎『或る女』より引用
  • 彼はスペインとイングランドの間に平和が可能であろうとは信じない。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • 第二の噂は次のようなものだが、われわれはまだ信じる気にはなれない。 良知力『向う岸からの世界史 ―一つのの四八年革命史論』より引用
  • そう信じることにして、電車に乗ってから改めて頭の中を整理してみた。 阿川佐和子『笑ってケツカッチン』より引用
  • 彼女を見限ったというのではないが、彼は信じられなくなったのである。 ホーソーン・ナサニエル『世界怪談名作集』より引用
  • 吾々自から自己の生みの力の限りなきことを再び信じ得なければならぬ。 片上伸『生みの力』より引用
  • むしろ成子がその時間に寝ていたことの方が人々には信じる根拠がない。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • 一人として彼がそんな判決に相当する罪を犯したと信じる者はなかった。 ストレイチー・リットン『エリザベスとエセックス』より引用
  • いつからそれを信じることをやめたのか、自分でもよくわからなかった。 ジョン・ヴァーリイ『ティーターン』より引用
  • あなたの話を聞いていると、そんなことを信じるかもしれませんからね。 原田義人『城』より引用
  • 天吾はそこで耳にしたものごとをとりあえずそのまま信じることにした。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 僕は曲亭馬琴きよくていばきんさへも彼の勧善懲悪くわんぜんちやうあく主義を信じてゐなかつたと思つてゐる。 芥川竜之介『澄江堂雑記』より引用
  • あの想像力拡大の方向に、次の音楽も発展していくものと信じていたのだ。 秋野平『ロック、70年代—復刻CDに時代を聴く』より引用
  • ここらの者はすべて雪女の伝説を信じているらしいということであった。 岡本綺堂『雪女』より引用
  • 次へ »