保温性に優れる

19 の用例 (0.00 秒)
  • パイラの利点は、保温性に優れ、料理を温かいまま保持できることである。
  • 毛の内部に空洞があり保温性に優れている。
  • 外側の毛は水を弾き、内側の毛は保温性に優れている。
  • 柔軟で弾力性・保温性に優れスーツ、シャツなどに用いられる。
  • 生地によく空気を含むため、汗をよく吸い込み保温性に優れる。
  • コートはふわふわした短めの巻き毛で、空気を沢山取り込むことが出来るため断熱性・保温性に優れている。
  • より保温性に優れるほか、当時の冬期の北海道では雪靴・雪下駄に滑り止めの金具を付けて列車に乗る乗客が多く、木張り以外では耐久性に難があったという事情もある。
  • 処理中は温度管理が重要であるが、プラスチック製のタンクは保温性に優れるため初心者でも扱いやすいことが特徴である。
  • 一見するとフェルトのような風合いがあり、軽くかつ保温性に優れるので冬に多用される。
  • また、地下の住居は乾燥地帯の急激な気候変化や強い日差しを避けるのに都合がよく、冬も温度が下がらず保温性に優れるため、近年まで住居として使用されていた。
  • 布団は保温性に優れているため、人間を布団で包み込むと人間の体温で人間の冷却機構が損なわれ、自らが加熱される。
  • 発泡プラスチックのように多孔質で、弾力性があり水をほとんど通さないが、通気性はわずかにあり、保温性に優れている。
  • 多くの空気を取り込むことができ保温性に優れていることから、衣料品、布団、寝袋、枕として用いられる。
  • ドライスーツよりは保温性が劣るが運動性に勝り、ウェットスーツよりは高価であるが保温性に優れているので、水温が中程度の環境での着用に適している。
  • 特に、保温性に優れたムササビの毛皮は防寒具として珍重され、第二次世界大戦では物資が不足する中で、ムササビ1匹の毛皮は、当時の学校教員の月給に匹敵するほどの値段となった。
  • ウールは保温性に優れ、通気性にも富んでいるので良く用いられる、綿は一年中使える素材で水に強く通気性や放熱性が高く、麻は通気性が良く、綿同様皺になりやすい、ポリエステルは皺になりにくく、通気性や放熱性が悪いという特徴がある。
  • 生地の厚みは通常2-7mmであり、厚いものほど保温性に優れるが、反面、運動性は制限され、かつ浮力が大きくなって、ダイビングにおいてはより多量のウェイトが必要になる。
  • ポリ塩化ビニルフィルムは保温性に優れるものの耐候性に乏しく、劣化したポリ塩化ビニルフィルムは非常に脆く破れやすい。
  • アスベストは、耐熱性、絶縁性、保温性に優れ、断熱材、絶縁材、ブレーキライニング材などに古くから用いられ、「奇跡の鉱物」と重宝されてきた。