便れ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • この判断にのみ便ると、ついには二相の世界から脱れることが出来ない。 ...
  • 二階で便たよる深夜の光は、瓦斯がすを合わせて、ただその三つのともしびとなる。 ...
  • 人々も彼らに便たよらずしてこの日を送ることができない。 ...
  • 人々も彼らに便たよらずしてこの日を送ることが出来ない。 ...
  • そういう風にその可哀相な人はわたしに便たよるのだから、わたしはまたその人のたすけになるのを自分の為事にしているのです。 ...
  • 彼らがもし自分の力にのみ便たよって歩いたら、きっと踏みはずしたりつまずいたりしたでありましょう。 ...
  • 故郷の親戚に便たよって逃げて行ったのもあれば、市から建てたバラックに逃げ込んだのもある。 ...
  • 便たよる未来がほこさかしまにして、過去をほじり出そうとするのはなさけない。 ...
  • 彼は思い切って、めったに便ってはならない姿変えの呪文のひとつをゲドに教えた。 ...
  • たとえ苦痛と恐怖が、堪え難いものであるには違いないとしても、まだそれを感じるはっきりした自己意識の便るものがある。 ...
  • だから評判などに便たよってものを見る要もない。 ...
  • そして充分自然を愛し、自然に便る事が安全だと思う。 ...
  • 小さな自分を打ち捨てて仏に便たよれと、凡ての念仏宗は教えている。 ...
  • なんせ俺は魔法を便っちゃいけねえことになっとるし、魔法省は俺たちを捕まえる口実を探していたからな。 ...
  • 横チャン、緑便っていうのは違うんじゃないか。 ...
  • これがあるばかりに、この道に便たよれば、どんな凡夫も易々やすやすと港に着けるのである。 ...
  • しかも近頃は手機てばた便たよるよりも機械に任せることが主になったので、格安には出来ますが、品質は著しく落ちて来ました。 ...