侠客

全て 名詞
563 の例文 (0.00 秒)
  • 侠客肌のこの男は、すぐにその場の状況を見てとったような口調で言った。 ...
  • ああ、昔の女侠客はそういう場合どうしたか、私も講談で知ってはいる。 ...
  • 海老蔵という名前は唐犬十右衛門という侠客が初代につけた名前である。 ...
  • 誰が馬琴の『侠客伝』などを当時の実社会の反映だとはいい得ましょう? ...
  • それから自分じぶん多田琴ただこと父親ちちおや多田亀ただかめいて侠客学問けふかくがくもん研究けんきうはじめた。
  • 夫れから支那に侠客が在つたかの問題になると、之は何とも言ひ兼ねる。 ...
  • 戦国時代に登場した戦国四君は食客として侠客を採用し活躍したとされている。 ...
  • 誰も知った侠客きょうかく風の人間だから、人の世話をすりゃ、つい物費ものいりも少くない。 ...
  • この伝記の中で侠客と政治家と芸人が同じような精神構造であることが出てくる。 ...
  • 尤も関東ばかりが侠客が跋扈したと云ふでは無い、京大阪にも侠客はある。 ...
  • しかし、彼は侠客とはいいながら、喧嘩商売の一ヤクザにすぎなかった。 ...
  • 祖父は名主も務めた家だったが、父の代に賭博を好み侠客となった。 ...
  • 明治では地方の興行師は侠客であった、ということは今でも多いということである。 ...
  • 明和・安永期になると、侠客の間で刺青を誇示することが目立ってきた。 ...
  • そして仇敵たちの居場所を知ると、侠客たちとともにこれを襲撃する。 ...
  • そんなこと齷齪あくせくしてあたまいためてゐるやうなことでは、到底侠客たうていけふかくにはなれないぞ。 ...
  • 古くから非武士階級、特に侠客の武器として使われている。 ...
  • 次へ