依田千鶴子

11 の用例 (0.00 秒)
  • ドアにノックの音がして、編集庶務の依田千鶴子よりたちづこがお茶を運んできた。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 記者室には依田千鶴子が一人いて、窓際の机で原稿を書いていた。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 依田千鶴子は両手で顔を覆い、指の間からこちらを見つめていた。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 礼を言って受話器を置くと、その横にコーヒーカップが置かれ、ニッコリ笑った依田千鶴子が悠木の顔を覗き込んだ。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 礼を言う間もなく、もう依田千鶴子はスカートの裾をひるがえしていた。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 顔の真上に、依田千鶴子の笑った顔があった。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • ポケベルを呼んでくれるよう依田千鶴子に名簿を手渡した時、岸がフロアに姿を現した。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 悠木が自分のデスクに戻ると、依田千鶴子が夕飯の出前注文メモを手に待ち構えていた。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 伝言メモの字が依田千鶴子のものだったからだ。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 依田千鶴子は、佐山千鶴子となって男の子を三人産んだ。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 依田千鶴子の姿もあった。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用