供奉

全て 名詞
887 の例文 (0.01 秒)
  • 車体中央に御座所が設けられており、両側には供奉員室が設けられている。 ...
  • その時額田王は供奉ぐぶし、後に当時を追懐して詠んだものと想像していい。 ...
  • 家綱加冠の儀に際し、総氏は末広を持ち供奉したことが記録されている。 ...
  • 野営の庭では供奉の将士から酒攻めの果て、胴上げされんばかりな騒ぎ。 ...
  • 天正16年、聚楽第行幸の際には関白秀吉の直臣衆として供奉している。 ...
  • ヘルマンは供奉隊ぐぶたい勤務でしたから、王のお供をしなければなりませんでした。 ...
  • 供奉とは唐時代には一藝に卓越した者を選んで宮廷の供奉官とした。 ...
  • なお、一部の供奉員は宿泊所の都合上同行せず、ロンドンに待機する。 ...
  • ひそかにおもうに、此歌はやはり行幸に供奉して三河の現地で詠んだ歌であろう。 ...
  • 供奉の命のあった日から心に死を決してきた。 ...
  • 外に出るときはいつも暑くるしく供奉の者に取りまかれて移動した。 ...
  • 国王はすでに長い供奉ぐぶの馬車と騎兵を従えて、ムランの町にはいっていたのだ。 ...
  • 殿の供奉で京へおでになっていたら、父上も同じ運命にたおれられたのであろう。 ...
  • これに供奉した主要の弟子が塔中を建立し、現在の大石寺の原型ともいえる姿ができた。 ...
  • 京都から江戸へ、天皇に供奉してきた公卿くげ生粋の毛並のよさがある。 ...
  • また御身は月に、これらの乙女は、月に供奉する星々に、似てもおります。 ...
  • そのあとから若年寄、御側の者、そのほか近侍の者がむれて供奉ぐぶした。 ...
  • 次へ