供する

全て 動詞
1,162 の用例 (0.01 秒)
  • その土地と労働との生産物の一部分は、国家の用に供せられるであろう。 リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』より引用
  • 簡単な食事と酒を供するこの種の店を正確になんと呼ぶべきか私は知らない。 小林信彦『怪物がめざめる夜』より引用
  • アメリカ合衆国は公共の用に供するために多くの公有地を保有している。
  • それはも少し程度の高いもので、高等な学校の用に供するものだった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 何があっても守ると誓ったマシューを、このような実験材料に供すとは。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12d D-邪王星団4』より引用
  • かく考えると、睡眠すいみんを利用して修養の用に供することができそうである。 新渡戸稲造『自警録』より引用
  • 建物の敷地に供せられる土地としての宅地は、次のように細分化される。
  • 腹を空かした旅人に食事を供するのは、彼らにとって当然のことなのだ。 菊地秀行『トレジャー・ハンター11 エイリアン魔神国 中』より引用
  • 提案された動議が議題に供せられる状態となることを動議の成立という。
  • この改造が終了した時点で、営業運行に供せられる63系は消滅した。
  • 駕籠と、供する孫左衛門の馬は、京に向って街道の闇の中へ消えて行った。 池宮彰一郎『最後の忠臣蔵』より引用
  • 広島産のビールと広島産の旬の食材を使った料理を供する店を紹介していた。
  • しかし犠牲に供せられる植民地や属国の農民達こそいい面の皮です。 岡本かの子『仏教人生読本』より引用
  • 彼は、他人のために作る人から、供せられたものを消費する人へと転換する。 小浜逸郎『正しい大人化計画 ―若者が「難民」化する時代に』より引用
  • かくのごとく広意に解すれば勧善懲悪の資料に供するものは皆教育である。 新渡戸稲造『教育家の教育』より引用
  • 特に相撲好きな藩主であれば、稽古の様子を余興に供することもあった。
  • 彼らの必竟不了見なる両親の食いものとして犠牲に供せられるのである。 相馬愛蔵『私の小売商道』より引用
  • 少女は夜は身をもってシャのシィのユウに供するつもりであったのだろう。 酒見賢一『童貞』より引用
  • 公共の場所などに設置してあるものには3人以上の利用に供する大型のものもある。
  • そういう系統化への資料を供するのが未来の文学の使命ではないかと思うのである。 寺田寅彦『科学と文学』より引用
  • 次へ »