侍ニッポン

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 翌年には『侍ニッポン』が大ヒットとなった。 ...
  • 本作の初のビデオソフトとして1991年にVAPからVHS全8巻が発売されたが、この際に本編中の実写シーンの削除、蛮がバッターボックスに向かう際にしばしば歌っていた『侍ニッポン』の主題歌の替え歌の差し替え、劇中で使用されている歌謡曲の音声の削除が行われた。 ...
  • 双方とも、配信では『侍ニッポン』は差し替え版になっているが、制作クレジットは初回放送と同じ「制作 よみうりテレビ 東京ムービー」になっている。 ...
  • 父は「侍ニッポン」や「ルンペン節」で有名な流行歌手徳山璉。 ...
  • 同年4月、25歳で執筆した『侍ニッポン』が雑誌『大衆文学』5月号誌上に掲載されるや、日活太秦撮影所はさっそくこれを企画採用、伊藤大輔が脚本を執筆し、大河内伝次郎を主演に伊藤が監督した。 ...
  • もう二十年以上もむかし、わたくしがまだ雑誌の編集者をしていたころ、ある晩、銀座のさる「おでんバア」で、酔余のたわむれに「侍ニッポン」を踊ったときの話である。 ...
  • 昭和六年の日活映画「侍ニッポン」は、大河内伝次郎・梅村蓉子の主演、郡司次郎正ぐんじじろまさの原作によるニヒルな浪人の姿が、不況時代のふんい気を表徴していた。 ...
  • 丁度、幕間で、その間、客をあきさせないように、楽士たちが今はやりの「影を慕いて」や去年の「侍ニッポン」を演奏している。 ...
  • その後、1994年9月1日にVAPから発売されたLD-BOX『侍ジャイアンツ スーパー魔球コレクション』および以降のDVD・BDソフト等でも、著作権上の都合で『侍ニッポン』替え歌の音声は差し替えられたままとなっている。 ...
  • その後も、1931年に発売された徳山璉の『侍ニッポン』、1937年に発売された藤山一郎の『白虎隊』を古賀政男がアレンジした『霧の川中島』などのリバイバル、松竹映画『破れ太鼓』の同名主題歌などがヒットした。 ...
  • 原作は郡司次郎正の「侍ニッポン」で、5度目の映画化。 ...
  • 以降サイレント末期の日本映画界をリードする旗手となり、この3人のコンビによって『素浪人忠弥』『興亡新撰組』、『侍ニッポン』『御誂次郎吉格子』など多くの時代劇の傑作を誕生させた。
  • 翌年は『酒は涙か溜息か』『丘を越えて』『侍ニッポン』である。 ...
  • 小説『侍ニッポン』は、「黒船来の巻」、「安政大獄の巻」、「桜田門の巻」、「坂下門の巻」、「文久三年の巻」の連作である。 ...
  • 没後の同年3月、講談社が刊行した『大衆文学大系 23 群司次郎正・片岡鐵兵・濱本浩・北村小松・藤澤桓夫』に、片岡鐵兵、濱本浩、北村小松、藤澤桓夫の作品とともに、『侍ニッポン』が掲載された。 ...