使う

全て 動詞
38,926 の用例 (0.02 秒)
  • 第一先生の使う言葉からが余自身の英語とはすこぶる縁の遠いものであった。 夏目漱石『博士問題とマードック先生と余』より引用
  • 現実のものは現実だけの価値ねうちと知って、その価値だけに使って行きます。 岡本かの子『仏教人生読本』より引用
  • きっと、もともとはなにかのイベントに使われたものではないだろうか。 森博嗣『G 05 λに歯がない』より引用
  • とするとそのボートは人間が魚をとるために使うものではなさそうである。 蘭郁二郎『植物人間』より引用
  • この市じゃ夫の候補者こうほしゃのほかには理想って言葉を使わないんですもの。 芥川竜之介『文放古』より引用
  • ほかにいくらでもいいものがあるのを使わないでいるような気がする。 寺田寅彦『映画時代』より引用
  • 今日使われている程度のものは高いといったところが高の知れたことです。 北大路魯山人『古陶磁の価値』より引用
  • それにはお冬を使って、何かの仕事を目論もくろんでいる奴があるに相違ねえ。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • この言葉の意味するところは次のよく使われる表現によって明らかになる。 山口昌男『道化的世界』より引用
  • そんな強大な力を手にしても、あんたたちはそれを使わずにいられると? 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』より引用
  • わたしはかれらがまた人の犬をなにか悪事に使うのではないかとうたがった。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • そして二度目の夢の場面には、例の硝子板の向うの部屋は使わなかった。 海野十三『不思議なる空間断層』より引用
  • これを調和させて、両方有効に使って行こうとするのが仏教の目的です。 岡本かの子『仏教人生読本』より引用
  • 先生の家では学校の小使を使って可成かなり大きな百姓ほど野菜を作っていた。 島崎藤村『家』より引用
  • 明日いらなければ別の子がそれを使う、みんなにそれは必要な品である。 宮本百合子『露西亜の実生活』より引用
  • 使わなければまずバレないことであり、僕は家の中では特に慎重だった。 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • 魔法を使ったことはありませんが、魔法を使えなかったことはあります。 西尾維新『新本格魔法少女りすか 01』より引用
  • それでこれは、先生がペンを使わないで書かれた文字であるともいえる。 中谷宇吉郎『天災は忘れた頃来る』より引用
  • わたしが黒魔法を使おうとしていることに対して、悪魔は何も言わない。 熊谷雅人『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』より引用
  • 牛の尾は一本十二銭位ですから十人前に二本使うとして二十四銭です。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 次へ »