作品を広める

8 の用例 (0.00 秒)
  • 自分の役目はりっぱな作品を広めることのように思われた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 彼の生前から発表の機会を多く提供していた友人の巽聖歌は、南吉の死後もその作品を広める努力をした。
  • 評論家としての当初の目標は、同時代のロシアの作曲家の名を広め、特に「五人組」の他の同人の作品を広めることにあった。
  • このほか、宮沢賢治の音楽作品を広める活動も行った。
  • 作者が『一杯のかけそば』を口演して日本各地を行脚したため、物語に感動した有志達による「一杯のかけそばを読む会」、「栗っ子の会」が結成され、これが日本中へ作品を広めるきっかけとなった。
  • なぜなら、出版者は作品を広める方法を著者よりもよく知っているし、尊敬すべきではあるがしかし著者の真の利益には相反するいろんなくよくよした心づかいに、著者ほど拘泥こうでいしはしないからである。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • またディーリアスの作品を広めるために尽力し、1929年にトーマス・ビーチャムとともにディーリアス・フェスティヴァルを開催し、成功をおさめた他、ディーリアスの最初の伝記を執筆した。
  • シューマンは、「新しい道」と題する評論を「新音楽時報」誌に発表してブラームスを熱烈に賞賛し、聴衆にブラームスの作品を広めるために重要な役割を演じた。