作務衣

全て 名詞
161 の例文 (0.00 秒)
  • 気が短いから金沢犀せいヽヽヽで買った作務衣さむえをすぐにでも届けたいのである。 ...
  • 関東大会編からは服装が作務衣となり、アニメでも97話から着始めた。 ...
  • 対する一人は白い作務衣姿さむえすがた短躯たんくで、こちらがずっと叫び続けている。 ...
  • 作務衣姿のご住職が、寺の由来と飛鳥の蛇姫伝説の話を聞かせて下さる。 ...
  • 私は作務衣に身を包み、宿の廊下を佐和子の後に付いて歩いていた。 ...
  • 量販店などでは甚平を作務衣と誤表記して販売しているところもみられる。 ...
  • 以前、息子に頼まれて金沢の犀せいさいヽヽというカフェバーで作務衣を買った。 ...
  • 作務衣に背負子をつけているから、柴刈りにでも行くのかもしれない。 ...
  • お堂の入口の方を見やると、入って来たのは先程の白い作務衣の僧侶であった。 ...
  • 巫女専用の作務衣もあり、上下緋色木綿製のものなどが流通している。 ...
  • 木の陰から、繁みから、同じ緑の作務衣を着た男が転がり出てきた。
  • ひとりだけ残った緑作務衣の信者が、驚愕きようがくの表情で立ち尽くしていた。 ...
  • すかさずふすま開き、作務衣さむい姿の男の子たちが入ってきて料理と酒を並べていく。 ...
  • 乗っているのは作務衣さむえ姿の永春さんだった。 ...
  • デビュー時は作務衣や洋装など、様々なスタイルをとっていた。 ...
  • 作務衣さむえ姿の永春さんが、ゆっくりこっちに顔を向けた。 ...
  • 甚平や作務衣といった上下が分かれている着物においても、上着は必ず前開きとなっている。 ...
  • 次へ