作る

全て 動詞
27,521 の用例 (0.01 秒)
  • 多と一とが相互否定的に一となる、作られたものから作るものへである。 西田幾多郎『絶対矛盾的自己同一』より引用
  • 多と一とが相互否定的に一となる、作られたものから作るものへである。 西田幾多郎『絶対矛盾的自己同一』より引用
  • もちろん自分がそういう詩を作ろうという気持になったこともなかった。 石川啄木『弓町より』より引用
  • 百合の花ひとつ作ることのできない人間の力をあてにして何になろう? 永井隆『この子を残して』より引用
  • またそこに落ちていた物がわれわれ人類の作ったものではないと思われる。 海野十三『三十年後の世界』より引用
  • 仮りに一個十円でもいいとしたところで、十箱も作らせると百円である。 谷譲次『踊る地平線』より引用
  • その樽の中には室内の異臭を作っている原因の一つがあったからである。 海野十三『流線間諜』より引用
  • 先生の家では学校の小使を使って可成かなり大きな百姓ほど野菜を作っていた。 島崎藤村『家』より引用
  • 又作ったものを見て貰うと言っても、いいとか悪いとか言うことはない。 高村光太郎『回想録』より引用
  • 俊成と同じ時代の人がすべて俊成のような歌を作ったというのではない。 風巻景次郎『中世の文学伝統』より引用
  • ぼくは、結婚してもう一度家庭というものを作ろうと思っていたわけさ。 ハインライン『愛に時間を1』より引用
  • まことに、人間は、夢がそれから作られるような物質であるに違いない。 中島敦『光と風と夢』より引用
  • 働くということは唯意志するということではない、物を作ることである。 西田幾多郎『絶対矛盾的自己同一』より引用
  • 現代の陶器が情けない状態の下に作られているというのはこのことです。 北大路魯山人『近作鉢の会に一言』より引用
  • 企業たるもの、性能のいいものを作ればいいというわけではないと思う。 星新一『きまぐれ遊歩道』より引用
  • 人工雪についても、その条件を真似てこの種の結晶を作ることが出来る。 中谷宇吉郎『雪』より引用
  • しばらくして妻との生活に満足したアガスティヤは子を作ろうと考えた。
  • 百万塔を作られたその中に入れられた小経は慥に版になっております。 高楠順次郎『東洋文化史における仏教の地位』より引用
  • 小屋を出て見ると此処はおもいの外広い平な土地で畑なども作られてある。 木暮理太郎『奥秩父の山旅日記』より引用
  • そこには一緒にアダルトビデオを作っていたスタッフが全員揃っていた。 植松真人『新世界交響曲』より引用
  • 次へ »