作り出す力

17 の用例 (0.00 秒)
  • タイトルは4枚目のアルバムということと、作品を作り出す力から来ている。
  • 假説は自己自身から論理を作り出す力をさへもつてゐる。 三木清『人生論ノート』より引用
  • 仮説は自己自身から論理を作り出す力をさえもっている。 三木清『人生論ノート』より引用
  • それを作り出す力は、どこから生まれてくるのだろう。 藤本ひとみ『華麗なるオデパン』より引用
  • 経済上社会の生産力すなわち富を作り出す力が増加して来ると、それに連れて社会の生産関係または経済組織が変動して来る。 河上肇『貧乏物語』より引用
  • 軍事的に漢民族を打ち負かし、広い領土を支配下に収めることに成功した遊牧民族は、まだ宋の洗練された文化を超えるものを作り出す力は持っていなかった。 張競『恋の中国文明史』より引用
  • 二百万年前アフリカ大陸に発して、社会というものを作り始めて以来、人類は完全に平等になったためしがなく、新たな世界を作り出す力をもった二十六世紀でさえ、因習は残り続けていた。 小川一水『原案・田中芳樹 灼熱の竜騎兵シェアードワールズ レインボウ・プラネット』より引用
  • それに点火されると、作り出す力には限りがない。 山田風太郎『同日同刻 ―太平洋戦争開戦の一日と終戦の十五日』より引用
  • 他の妖精はグラマーと呼ばれる幻を作り出す力を使って、写し身だけを現すこともある。
  • なぜなら、神が私のこのように知覚し能うすべてのものを作り出す力を有することは疑われないことであり、また私は、どのようなものでも神によって、それを私が判明に知覚することは矛盾であるという理由によるほかは、決して作られ得ぬことはない、と判断したからである。 三木清『省察』より引用
  • 術師ひとりひとりは、自らが加わり作り出す力場の巨大さに陶酔しながら、次の術式を歌い上げた。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • そのためにはまず、かつての失敗を繰り返さぬよう、膨大な魂を収める容器を用意しなければならず、それを作り出す力を得るために「価値ある魂」を持つ者たちと同化することを求めた。
  • さらに、より伝統的には、物活論的な意味で、自然全体に充満する運動を作り出す力と定義した近代科学が始まってから百年近く後に、ヴィーコはネオプラトニズムに触発されて、慣性の原理や新しい物理学の法則を否定した。
  • FRPの作り出す力揚が狭い格納車内で反響して、機体は小舟のように左右に振れた。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • ユングは、全てではないにせよ、いくつかの「偶然の一致」は単なる文字通りの「偶然」ではなく、非因果的な複数の事象の「同時発生」か、あるいは普遍的な事象を作り出す力の連続性によるものであると信じたのである。
  • そのため、「DSPは常にSMの後追いばかりしていて二番煎じだ」と皮肉られることもたびたびあるが、それでも後発グループでありながら、SM所属グループと対等に近い存在のグループを次々と作り出す力には定評がある。
  • 特に150年代ではジャベリンやジェムズガンさえも旧式化したというのに最新鋭機のジェイブスは満足に配備されず、40年前の機体であるヘビーガンや60年前の大型機ジェガンさえも前線に駆り出される有様で、往時のガンダムタイプのような高性能機を作り出す力はなくなっていたようである。